新・作曲ドルの誕生。WINNER イ・スンフンの成長が止まらない

発売前から高い関心を集めていたWINNERの4年振りのフルアルバム。予想通り、タイトル曲「EVERYD4Y」は各音楽配信サイトで1位を記録、18カ国のiTunesチャートでも1位を記録するなど多くの話題を呼んでいます。全12曲全ての作詞作曲にWINNERのメンバーが参加した今回のアルバムは、バラード、ヒップホップ、アコースティック、などジャンルが多彩。そんな今回のアルバムですが、今までと大きく違う点がひとつあります。それはイ・スンフンが作曲のクレジットに名前を連ねていること。今までの作曲作業はリーダー兼ボーカルのカン・スンユンとラッパー ソン・ミノの主導のもとに進行され、イ・スンフンは作詞を担当していました。しかし、新アルバム「EVERYD4Y」の収録曲、「SPECIAL NIGHT」と「RAINING」の2曲はイ・スンフンが作曲を担当しています。

デビュー4年で初めて作曲した曲を収録

イ・スンフンは今までも膨大な数の作曲活動を粘り強く行ってきました。その中で今回遂にアルバムに収録することができたと語っています。曲の制作過程ではメンバーのカン・スンユンに多く助けられたそうです。自分の考えをカン・スンユンが隣から音楽的に整理してくれた、とのこと。これに対してカン・スンユンは、僕は本当にスプーンをのせた程度、と言いながら、僕はボーカルなのでラッパーが作った曲をボーカルらしく替えてみただけ、と説明しています。

イ・スンフン作曲「SPECIAL NIGHT」&「RAINING」

新アルバム「EVERYD4Y」収録の「SPECIAL NIGHT」は作詞がイ・スンフンとソン・ミノ、作曲がイ・スンフンとカン・ウクジン。オートチューンとトークボックスを活用して作られた導入部のテーマと、粋なコード進行が印象的なディスコジャンルのトラックです。

同じく「RAINING」もイ・スンフンがソン・ミノと共に歌詞を書き、カン・ウクジンと共に作曲を担当。[暗雲と雨が降る天気]という視覚イメージを再現した作曲と編曲が印象的なポップ曲です。固まった構成と感性的なメロディ、アナログのソースが調和して切なさを引き出していて、耳にした多くの音楽ファンが、初めての収録曲とは信じられないと、驚きの反応を見せています。

이승훈さん(@maetamong)がシェアした投稿 -

ヤン・ヒョンソク代表も称えたイ・スンフンの作曲の実力

WINNERのメンバーとして多くの曲を書いてきているリーダーのカン・スンユンが、今回のアルバムにイ・スンフンの自作曲を収録することになった過程で最も良かったエピソードとして、ヤン・ヒョンソク代表に初めて曲を披露した時のことを挙げています。一週間寝ずに録音作業を続けた後ヤン・ヒョンソク代表に連絡をし、一度全ての曲を聴いてもらったそうです。その席でヤン・ヒョンソク代表から“WINNERのメンバーは一人ひとりの作曲スタイルが異なるのにそれがとても面白く、アルバムも面白く完成している”と称賛を受けたとのこと。カン・スンユンは、“自分とソン・ミノの2人で作業する時が多く、その都度聴いてもらっているが、そんな称賛は聞いたことがない。ひょん(イ・スンフン)が自分達と違う作曲スタイルを聴かせたことで受けることができた称賛なので、作曲を頑張ってくれたひょん(イ・スンフン)に感謝している”と話しています。ヤン・ヒョンソク代表から称賛の言葉を聞くことは簡単ではいのでとても気持ちが良かった、とのこと。

ラップやダンスの実力は既に多く知られているイ・スンフン。これからはそこに作曲ドルとしての肩書きもプラスされ、ますますの活躍が見逃せないですね。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す