少女時代ビジュアルクイーンユナ。歌手と俳優、2つの顔を持つ美貌

少女時代のユナは、韓国ガールズグループの頂点として活動してきた少女時代の不動のセンターであり、性別問わず圧倒的なビジュアルで人気のメンバーです。少女時代の中心メンバーとして世界的に活躍の場を広げてきましたが、俳優としての実力も折り紙付きで、韓国だけでなく中国の作品にも出演しました。現在5人となった少女時代としての今後の活動予定は定かではないので、活動のメインが俳優業にシフトしていくことが予想されます。

少女時代としてのユナ

2007年、少女時代としてデビューしました。「Gee」で9週連続でチャート1位を記録し、当時の歴代最高記録を達成しました。2010年には日本デビュー、2011年には世界デビューしました。ユナはセンターポジションとして楽曲のサビパートでは真ん中で踊ることが多いです。ステージ上では華やかな美貌と高いダンススキルで少女時代を引っ張る存在です。日本では、美脚ダンスの「Genie」や「Mr Taxi」で注目され、キャッチーねダンスのサビパートでは、センターのユナが映ることが多いです。


ユナはどんな人?

性格は非常に気さくで、メンバーへのいたずらをすることも多く、「男子小学生」と呼ばれるほどお茶目な一面を持っています。また、大きく口を開けて笑うことから、「ワニユナ」とも呼ばれています。美貌の上に飾らない性格なので、性別問わず人気の高いメンバーの一人です。


ユナの人気を裏付けるマル秘エピソード

圧倒的な美貌のユナを男性は放っておきません。事務所公式発表では、俳優のイ・スンギとの熱愛がありました。(現在は破局)また、その美貌は練習生時代から健在で、東方神起のチャンミンも心底美人だと思った人にユナを挙げており、SuperJuniorのイトゥクも、バラエティ番組で、ユナに熱烈なラブコールを送っていたことを暴露されました。

俳優としてのユナ

俳優としての実力も高いユナは、演技ドル(芝居もこなすアイドル)としても確固たる地位を築いています。2007年の「9回裏2アウト」でデビューし、「君は僕の運命」で平均視聴率42.5%を記録し、一気にその名を演技界に轟かせました。チャン・グンソクと共演した「ラブレイン」では、70年代と現代の運命の恋に振り回される2つの役をこなし、「THE K2」では、チ・チャンウクと共演し、心に傷を負った大統領候補の隠し子という役柄をこなすなど、大物俳優との共演の中で幅広い演技に定評があります。そして、「三国志~趙雲伝~」では中国進出を達成し、中国で最も影響力のあった海外タレントで1位を獲得するなど、韓国を超えて活躍しています。


演技力を支えるユナの過去と

ユナはドラマや映画だけでなく、広告塔としてもCMに引っ張りだこです。そんなユナは、100回以上のオーディションの中で試行錯誤しながら技術的にも精神的にも磨かれてきたと自身のインタビューで語っています。人知れず苦悩の時代があったからこそ今のユナがあるのかもしれませんね。

40億超えの年収??

歌手、俳優、モデルとして多方面で多忙な日々を送るユナ。そんなユナの年収は上半期で40億ウォンと言われています。これに対し、ユナは番組でそんなことはないと笑いながら釈明しています。こんな噂が出るほど人気のユナの今後にもますます注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント