RED VELVET、1stコンサート”RedRoom" in JAPAN開催。SMを代表するグループに成長

RED VELVETは、3月28日、29日と日本で韓国初の単独コンサートのRedRoomの日本公演が開催されました。29日にはリーダーのアイリーンの誕生日でもあり、公式インスタグラムにもサプライズ動画がアップされていました。
 

🎂

Red Velvet Official Instagramさん(@redvelvet.smtown)がシェアした投稿 -

今年度に入って3度のカムバックを達成し、ますます精力的に活動しています。2014年にデビューして以来、韓国で人気を博し、今年7月には日本デビューも決定しました。少女時代に変わるSMを代表するグループとして成長しているRED VELVETについてまとめました。

Red Room In Japan 💕day2

Red Velvet Official Instagramさん(@redvelvet.smtown)がシェアした投稿 -

Happinessでデビュー

RED VELVETは2014年、4人組ガールズグループとしてデビューしました。アイリーン、スルギ、ジョイ、ウェンディの4人で構成され、2015年にイェリが加入し、5人組となりました。

個性的な楽曲とスタイル

「Ice Cream Cake」「Russian Roulette」「Dumb Dumb」で人気を博し、着実にトップグループへの階段を上がっていきました。楽曲によって、様々なビジュアルやダンスやメロディーを持ち、個性的なスタイルが人気です。
最年長で圧倒的ビジュアルを持つアイリーン、歌唱力とダンスの両方の実力に定評のあるスルギ、ドラマにも主演する一面を持つジョイ、メンバーも一目置く歌唱力を持つメインボーカルのウェンディ、はつらつとした明るい性格が魅力のイェリと、それぞれのメンバーが個性豊かです。

2017年度は3度のカムバック

RED VELVETは、2017年度最も活動的に走ってきたガールズグループの1つです。夏には「Red Flaver」、年末前には「Peek A Boo」、さらに年明けには「BadBoy」とカムバックをし、どの楽曲でも素晴らしい結果を収めました。また、メンバーのアイリーンは個人ブランドランキングで、少女時代のユナやTWICEのサナなどを抑え1位を獲得するなど個人レベルでの人気も上昇中です。



少女時代に変わるSMのトップグループへの期待

SMエンターテインメントを長い間牽引してきたグループは間違いなく少女時代でしょう。10年以上というキャリアの中で、メンバーの脱退もあり、現在は5人で活動となっています。また、K-POPブームの火付け役でもあり、世界デビューも飾り、名実ともにトップグループとして長い間君臨していました。現在、第2次K-POPブームが巻き起こっている中で、SM自体もRED VELVETに大きな期待をしている事でしょう。

同じ事務所ということで、少女時代とRED VELVETの写真などもSNSに度々アップされており、可愛いビジュアルを誇っています。今回の日本コンサートと7月の日本デビューでさらに人気に拍車がかかることが予想されます。かつての少女時代の地位にRED VELVETが君臨する日も近いかもしれませんね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

4 件のコメント

  • コメントを残す