NU’EST W、初の単独コンサートを大成功させた3つの意味って?

デビュー6年目で初の単独コンサートを開催したNU’EST W

NU’EST Wがデビュー6年目にして初の単独コンサートを開催し、大盛況に終わりました。NU’EST Wの念願の単独コンサートが持つ3つの意味とは一体何なのでしょうか?

1. 夢が現実になった瞬間

海外では単独コンサートを行ったことのあるNU’EST Wですが、韓国での単独コンサートはデビュー6年目で今回初めて行われました。今まで「音楽放送1位を獲りたい」「韓国で単独コンサートがしたい」という彼らの夢が次々と現実になっています。特に今回のコンサートは3日連続行われ、全席即完売したということで、まさに今が旬のアーティストということが伺えます。

2. 今までの経験を存分に発揮したNU’EST W

NU’EST Wは単独コンサートは今回が初めてであるものの、今までも多くのステージに立った経験を生かし、今回のコンサートを通じて実力を存分に発揮できた機会になったようですね。

3. これからは音源チャートの常連になること間違いなし

『プロデュース101』出演以降、NU’ESTの楽曲がチャートを逆走するという快挙を成し遂げましたが、今回の単独コンサートの成功は『音源チャート上位を席巻する始まり』を知らせてくれた賜物であると言われています。

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・NU’EST、やりたいこと全部やってほしい[+492 -34]

・永遠に応援するからね[+465 -29]

・単独コンサートおめでとう、次のコンサートも期待してるね[+437 -29]

・お疲れ様、これからはもっと輝く歌手になると思うよ[+93 -12]

・楽しいコンサートありがとう、DVDいつ出してくれるの?[+91 -12]

・NU’ESTのファンになるしかないし、もう抜け出せない[+85 -9]

・他のグループのファンだけど、彼らの気持ちを考えたらすごく涙が出た[+84 -13]

・7周年期待してるね[+83 -14]

・NU’ESTはすごいグループになると思う[+82 -11]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す