『プロデュース101』ムンボク&ソン・ヒョヌ、2人の出会いから親友になるまでの時系列まとめ

昨年WANNA ONEを輩出したことで大ヒットした『プロデュース101』シーズン2ですが、その傍ら脱落メンバーの活躍も多くみられるようになりました。そんな中でも伝説となって語り継がれているのが、番組内で出会った練習生のチャン・ムンボクとソン・ヒョヌの友情。

2人の出会いから永遠の親友となった現在までを時系列でたどってみます。

『スーパースターK』で顔が知られたムンボク

2人の出会いよりも前にさかのぼりますが、ムンボクは『プロデュース101』に出演する前、オーディション番組『スーパースターK』に出演しています。その際に審査員に現在の所属事務所の先輩にあたるOutsiderの楽曲を披露しましたが「チェッ、チェッ」のフレーズから始まり、何を言ってるのか分からない歌詞で審査員も笑ってしまうという事態が起こります。

「韓国でヒップホップが発展してほしい」とオーディションに出演したムンボクですが、この出演をきっかけに『ムンボク=チェッ』のイメージが付き、周りからもパロディの対象になるなどバカにされ、辛い時期を送っていたと後に明かしています。当時中学3年生のムンボクの心の傷は相当深かったようです。

ソン・ヒョヌとの出会い

そんなムンボクは再び勇気を出してオーディション番組に出演することに。『スーパースターK』出演から容姿(特に髪型)がだいぶ変わっていたことと、その際に着ていたカーディガンを『プロデュース101』でも着ていたことで、番組出演当初からお茶の間をザワつかせます。しかし、これが結果的にムンボクの知名度が上がるようになり、番組が放送されるにつれ男性ファンから最も多くの投票数を獲得できた理由ではないか、と言われています。

そこでムンボクは後に親友となるソン・ヒョヌと出会います。ソン・ヒョヌは当時所属していた事務所・THEVIBE LABLEからハ・ミノ、キム・テドン、ユン・ジェチャンと一緒に出演していましたが、番組当初から2人は同じチームとなりEXO『CALL ME BABY』を披露することに。歌の途中で2人で肩を組み、指でハートを作っていた瞬間は今でもファンにとっては伝説になっていますね。

ソン・ヒョヌとの別れ

このように番組内でともに親交を深めていった2人ですが、ある日2人に別れが訪れます。第1次順位発表式にて60人まで生き残る、という瞬間に、ソン・ヒョヌが惜しくも61位で脱落することに。その際のソン・ヒョヌがスピーチで「ムンボク兄さんのおかげで61位まで上がることができた」「ムンボク兄さんには感謝してるし、ムンボク兄さんにはうまくいってほしい」と言ったことで、ムンボクが泣き崩れてしまいます。その後にムンボクがソン・ヒョヌの元に駆け寄り抱きしめてあげた瞬間は感動的でした。

番組で披露したムンボクのラップの歌詞にソン・ヒョヌの名前が登場

といっても、番組内では一緒に活動できなくなった2人でもプライベートでは親交を続けていた模様。後に番組内でNU'EST JR、現WANNA ONEライ・グァンリン、キム・テミンとともに披露したラップの自身のパートの歌詞にソン・ヒョヌの名前を入れたことで、会場で見ていたソン・ヒョヌが感動する場面も印象的です。

訳: これが最後だとしてもヒョヌの夢まで抱いていく

お互いのSNSに2人が登場しまくっている件

『プロデュース101』終了後も2人の友情は変わらず、最近は連日のようにお互いのinstagramで2人が一緒にいる写真を投稿しており、ファンからは「ほんわかする」「楽しそう」といった声が多いです。

・初雪を楽しんでいる2人

・サンタのコスプレをしている2人

ソン・ヒョヌ事務所移籍&ユニット活動

この縁もあり、ソン・ヒョヌはムンボクと同じONOエンターテイメントに所属することに。以前の所属を退社し、これからの活動に悩んでいたソン・ヒョヌにムンボクのが手を差し伸べ、晴れて事務所の先輩後輩になりました。また同じ事務所になったことでユニット活動も可能になりましたね。

最近は新たな仲間を連れてやってきた

そんな同じ事務所で一緒に活動している2人ですが、どうやら最近は新たな仲間が同じ事務所に所属したようです。その人物こそ、同じ『プロデュース101』練習生出身のユン・フィソク。ユン・フィソクは学業に専念したいという理由で以前の所属事務所を退社していますが、再び音楽の道に進みたいという本人の意向から事務所を移籍したようです。

ユン・フィソクは『プロデュース101』でMCをつとめていたBoAの名曲『Amazing Kiss』を披露したりと持ち前の歌唱力で、今回発売されたムンボクの初のミニアルバムに参加することになりました。そんな永遠の親友となったムンボク&ソン・ヒョヌのさらなる活躍にファンから注目が集まっています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す