JBJ高田健太も認めるWANNA ONEミニョンの日本語の実力

高田健太「『プロデュース101』当時WANNA ONEミニョンが色々助けてくれた」

『プロデュース101』練習生のうち唯一の日本人で、現在JBJとして活躍している高田健太が、昨年のあるインタビューで「『プロデュース101』が始まるまで共同生活をしたことがなかったが、そんな中同じ部屋を使っていたWANNA ONEミニョンが日本語で色々説明してくれて助けてくれた」と明かしています。日本人の高田健太が「ミニョンの日本語はネイティブレベル」と認めていただけに、ミニョンの日本語の実力について当時気になっていたファンも多かったようです。

『WANNA ONE ZERO BASE』で日本語の実力を発揮しまくっているミニョン

そんなミニョンの日本語の実力は昨年放送が終了した『WANNA ONE ZERO BASE』で確認することができます。番組の企画で大阪ロケに行った際に、通訳なしで日本語で意思疎通するミニョンに、メンバーは「すごい」と驚いています。

といっても、ミニョンは以前にNU'ESTとして日本デビューの経験があるため、当然ながらWANNA ONEメンバーの中でも日本語の実力が秀でているのですが、それ以外にも普段から日本語の勉強をしているようなので、かなりの勉強家のようですね。

・どうやら東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を読んでいるっぽいミニョン

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・ミニョンが日本語上手いから健太は色々教えてもらってたんだね[+218 -9]

・ミニョンと健太とか意外な仲だよね[+175 -5]

・2人が日本語で話しているところが見たい[+154 -2]

・ミニョンが日本語上手いから健太と仲良かったんだ[+50 -1]

・健太もミニョンも応援してる[+41 -0]

 

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す