ナム・テヒョン、WINNER脱退理由の質問に対して『言及したくない』

2016年11月に所属していたYGエンターテイメントとの契約を打ち切り、WINNERを脱退したナム・テヒョンがInstagramにて自身に対する悪口への警告文を述べる投稿がされていたいたことで話題となっています。

ナム・テヒョンは14日自身のInstagramにて『いや、インタビューでWINNER脱退についての質問があるから答えるだけであって、私も言及するのは嫌だ』と述べており、ナム・テヒョンを悪く言う一部の人に対しては『いつも言うことが変わるって?私が脱退した理由をちゃんとディテールがあるように言えば私に損があるように見えるか?悪口はもうやめて。私に関心を持たないで』とナム・テヒョンを悪く言う一部の人に対して強めの発言を残していました。

現在バンドで活躍中のナム・テヒョン

以前はアイドルグループとして活動していたナム・テヒョンですが現在はバンド『South Club』としての活躍を見せています。WINNERを脱退した後、いろいろな意見や悪口を言われながらも自身のやりたい音楽での活動を進めているナム・テヒョンです。

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・言及するのが嫌なんだったら質問をカットすればいいんじゃないの?そうやって言及するのが嫌なのにずっとWINNERの話をしているから偽善っぽい。WINNERのファンたちは検索したらでてくるからそれが嫌なだけなのに。[+207 -40]

・脱退過程はどうせその人たちだけがわかることだからファン達が騒ぐことはない。でも私が黙っている間に口を閉じろって?そういう記事でまたWINNERの言及をして断ることもできずにまた返事しそう。ただ話したくないっていえばいいんじゃない?[+154 -16]

・こうやってお互いに言及しあって良いことはないからお互い静かにすごそう。あなたが他の記事で言っていたたじゃない、お兄さんたちもたくさんしんどかっただろうと。それが本当なんだったらもっと慎重になって。[+127 -11]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント