MAMAMOOの高い歌唱力を再確認することができる『칠해줘(Paintme)』

2018年1月4日にリリースされたMAMAMOOの『칠해줘(Paint Me)』。

MAMAMOOメンバー達の高い歌唱力が確認できる曲です。公開された『칠해줘(Paint Me)』のミュージックビデオは一見シンプルな仕上がりになっており、モノクロの背景の中で赤、白、黄色、青のドレスに身を包んだメンバーの姿が印象的です。また小物や背景がシンプルながらもとても幻想的にも感じられます。

MAMAMOO(@mamamoo_official)님의 공유 게시물님,

ちなみにこの曲は普通のアルバムとは異なり、MAMAMOOの『2018オープニングシングル』という位置に当たる曲で、MAMAMOOの2018年の活動のスタートを飾るスペシャルシングルと説明されています。

『칠해줘(Paint Me)』の意味

この『칠해줘(Paint Me)』の意味は『(私を)塗って』もしくは『彩って』という意味です。歌詞にあるように…

『White 君がいなかったその時の私はキャンバスのように 真っ白だった』

『Red 私を熱く抱いたその瞬間、火山みたいに爆発してしまったmy heart』

…など様々な感情の変化を赤、白、黄色、青などの色に例えてています。『私を様々な色(感情)に染めて欲しい』と願った曲で最後は『君だけが私の唯一の画家』と締めくくられています。この曲のリリース前のティザーでもそれぞれ色をコンセプトにしたティザーとなっていました。

高い歌唱力を持つMAMAMOO

MAMAMOOといえば以前から数々の音楽番組に出演し、他のアーティストからも高い歌唱力のあるグループとして認められていました。今までリリースされてきた曲はアップテンポで明るめの曲が多かったのですが、今回の『칠해줘(Paintme)』はピアノが印象的なスローテンポとなっていてMAMAMOOメンバー達の歌声が響き渡る曲となっています。スローテンポで特にサビの部分は高音で歌い込む分、かなり難易度の高い曲となっています。

注目すべきはムンビョル

今回の曲ではいつもはラップを担当しているムンビョルがボーカルでの参加をしているというところが見どころです。ムンビョルはラッパー兼メインダンサーというポジションですが、今回の『칠해줘(Paint Me)』ではラップがなく、歌に参加しており、歌もかなり上手いことが分かります。いつもとは違う今まで見ることがあまりなかったムンビョルの姿に注目が集まっています。

インタビューでのMAMAMOO

リリース当時のMAMAMOOのメンバー達が受けたインタビューでは『칠해줘(Paintme)』の音源チャート順位を検索し7位にランクインしていたことを確認し、上位ランクインに喜ぶ姿が見られます。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント