T-ARA、所属事務所側に商標権を奪われる。メンバー側に事前通達なし。

先日T-ARAの各メンバーが所属事務所MBKエンターテイメントを離れることが発表されました。解散ではなく、今後もメンバーで活動することを示唆しています。

メンバー側がT-ARAという名前が使えなくなる可能性

そんな中、所属事務所のMBKエンターテイメント側がT-ARAのメンバーの専属契約が終了する3日前にあたる12月28日に、T-ARAの商標権を出願していることが明らかとなりました。これによりT-ARAの過去の楽曲だけでなく、グッズなども含めて『T-ARA』というブランドが付いているものはMBKの許可がなく使用できなくなることとなります。

MBK「所属事務所として当然の権利」

このような状況にメディア側がMBKに対し取材を行なったところ、この事実を認め、『T-ARA』というブランドに対し、会社が権利を持つのは当然であると主張しました。またメンバーに対して事前に商標権に対して通達していなかったことも明らかになっており、批判の声が相次いでいます。

ボラムとソヨンの脱退の際も不和が

昨年5月にT-ARAからボラムとソヨンが契約満了で脱退した際も、当初所属事務所側は『ボラムとソヨンは脱退後もコンサートに参加すると約束したのに一方的に辞退された。所属事務所や企画社側が被害者だ』と各メディアに発表しましたが、それに対し『契約満了しているため参加しないのは当然だ』などと批判の声が多く寄せられました。

過去にも所属していたアーティストにあえて不和を起こしたという指摘も

またMBKエンターテイメントが前の社名『コアコンテンツメディア』の頃、当時所属していたガールズグループSeeYaのナム・ギュリが脱退する際も所属事務所側が「ナム・ギュリが無断でSeeYaから脱退した」と発表していた経緯もあり、『あえて所属タレントと不和を起こしている』と指摘されています。

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・やっぱりグァンス(所属事務所代表)らしくて、凄い[+8397 -77]

・T-ARAもかわいあそうだね。コンセプトも楽曲も全部良いのに、会社がおかしい。ヒット曲も多いしトップアイドルになれただろうに。[+6106 -268]

・商標登録日が2017年12月28日って、契約終了の3日前wwwww しかも契約終了翌日にヒョミンの熱愛報道を流出させるってwww[+5785 -79]

・神話も昔は今のT-ARAと同じ状況でかなり苦労したみたいだね。本人達が歌った神話の楽曲を歌うためには数百、数千万ウォンのロイヤリティを支払わなければならないし。芸能界本当に汚いね[+667 -33]

・やっぱりグァンスだ。そのぐらいなら退職金としてブランド名をあげたら良いのに。[+495 -10]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント