Davichiの前事務所MBKが新曲発売←CJ E&Mが強く批判…今後T-ARAやDIAに影響は?

前事務所MBKがDavichiの新曲をリリース

MBKエンターテイメントが専属契約期限が切れているのにも関わらず、Davichiの新曲をリリースする問題で、4日正午に問題となっているDavichiの新曲『この瞬間(Moments)』がリリースされました。当初『Moments』という曲名でしたが、韓国語で『この瞬間』と名前を変えてリリースされています。

CJ E&MがMBKを強く批判

そんな中、現在のDavichiの所属事務所CJ E&Mがメディアに対し、下記のように発表しました。

「新曲は曲名と企画会社名だけ変えてリリースされたが、MBKがDavichiの新曲発売を強行したことに変わりはなく、遺憾の意を表している。当社はMBK側に継続的に発売を控えるよう要請しており、MBK側は法的に問題がないと主張しているが、音源はドラマのOSTの仮録音のためクオリティが保証されていなく、アーティストの同意なしに前所属事務所が新たに曲をリリースすることは音楽業界の常識の問題だ。当社が計画したDavichiのアルバム活動、コンサートなど今後の音楽活動に支障が出ると見ており、築き上げてきた音楽業界の信頼に亀裂が入る行為だ。」

署名運動まで起こっていた

Davichiは昨年MBKから移籍をしていましたが、1日MBK側が「新人グループのDIAが先輩DavichiのMV撮影現場をレポートする」という形の番組を放送し、Davichiの新曲を使いDIAの宣伝をしました。

これに対し、CJ E&MがMBK強く批判しており、DavichiのFacebook上でも、発売される新曲は正規の曲ではないと注意を促しており、この件に関するニュースを頻繁に拡散するなど、遺憾の意を表していました。またファンの間でも音源発売の署名運動も起こっていました。

다비치 前소속사 음원발매, 팬들도 뿔났다…서명운동까지http://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000538800

Posted by Davichi 다비치 on 2015年11月2日

T-ARAやDIAにも影響が??

MBKにはT-ARAや9月にデビューしたばかりのDIAなどが所属していますが、今回、音楽業界大手のCJ E&MがMBKを強く批判し、信頼に亀裂が入ったと言及しており、今後MBKに所属するグループの活動に影響が出るのか注目が集まっています。

CJ E&Mは音楽専門チャンネルでMnetを運営しており、Mnetには音楽番組『MCOUNTDOWN』などが放送されています。

韓国のネット上での意見

Naverより(+が同意、-が否定)

・本当可哀想…[+1320 -43]

・こういうケース初めて見た。頑張れ![+1215 -30]

・Davichiのキャリアに傷が入ったね[+1037 -52]

・可哀想すぎる。頑張ってほしい[+776 -33]

・MBKってコアコンテンツメディアから社名を変えたんだよね。所属事務所代表の悪徳なイメージとT-ARAのいじめのイメージで所属事務所のイメージがあまりにも良くないから、イメージを払拭しようと変えたのがMBKだよ。でも今回の新曲発売はやはりこの代表のせいで、Davichiやられてしまったね。[+347 -3]

・やっぱりコアコンテンツ。名前が変わってもすごい[+188 -4]

・T-ARAはもうMnetに出れないね。中国で途方にくれるしかない[+168 -8]

9 件のコメント

  • T-araは韓国ではもう落ちるとこまで落ちてる感じだから大して影響無さそうだけど
    DIAは事務所と先輩のせいでスタートからマイナスよりなのに、さらに厳しくなりそう
    私が思っていたよりも同情票は少なくて無関心が多い気がする

  • CJ E&Mも音源流通の権利に関してYG JYPから横取りしてたしまともではないと思うけどね
    SMからは結局取れなくて、SMのアーティストを出禁にしてたし、どこの事務所も真っ黒
    今回のMBKもなかなかクレイジーだけど。

  • この事務所なんだか怖いよね。ファヨンがT-ARAを辞める時、ファヨンと姉のヒョヨンと両親まで直接社長に謝ったらしいけど、想像すると怖い…。ファヨンがたとえ悪かったとしても普通の辞め方じゃないし、それを発表するのもすごい。

  • こんなんヤクザじゃんww 素人目に見ても前の所属事務所が発売するっておかしいと思うけど…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。