BIGHITエンターテイメント、防弾少年団に次ぐ新しいボーイズグループを準備中

防弾少年団の後輩グループを準備中

防弾少年団の所属事務所であるBIGHITエンターテイメントのバン・シヒョク代表が新しいボーイズグループを準備中であることを明かしました。また株式公開も検討していることをインタビューにて答えています。

防弾少年団の所属事務所はSM、YG、JYPエンターテイメントと比べると規模が小さく、韓国では中小の所属事務所での大きなヒットとして注目を集めています。

2015年頃から急成長

現在でこそ防弾少年団はトップグループとして海外でもヒットをしているグループですが、2013年のデビュー当時はさほど大きいヒットはなく、2015年頃から急激に成長しました。

ライブの規模も大きく異なります。
■2013年
tumblr_nz2oc28Axx1seazbeo2_1280

■2015年
tumblr_nz2oc28Axx1seazbeo1_1280
画像:bestizより

2015年には防弾少年団のTwitterの投稿が韓国で最もリツイート(拡散)された投稿として記録されました。

ヒットの秘訣はやはりSNS

この急成長の理由は様々あり、最初から海外を視野に入れた戦略とSNSや動画配信の方法などが挙げられます。最近海外のSNS調査会社の発表によると、防弾少年団のTwitterのフォロワー数は海外の有名アーティストに比べたら少ないものの、『いいね』や『リツイート』などの反応がとても多く、2017年には世界で最も多い反応5億200万回を記録しました。ジャスティンビーバーが2200万回なので圧倒的な数値となります。