防弾少年団のソウルPRソングを無料配信したソウル市、人気グループの影響力を把握しないと逆に悪い印象を与えかねないことも

ソウル市が防弾少年団のソウルPRソングを無料配信するもサーバーダウン

防弾少年団(BTS)が、6日にソウルをPRするキャンペーンソング『WITH SEOUL』を無料でソウル市の観光ホームページ(www.visitseoul.net)で配信しました。しかし世界中からアクセスが集中してしまい、一瞬でサーバーがダウンする事態となってしまいました。

音楽関係者「人気グループの曲を無料配布できなくなると悪い印象も…」

この事態に音楽関係者はメディアに対し「K-POPアイドルに対し、世界のファン層の影響力などをどの程度なのか、きちんと把握してから曲を無料で配布しなければならない。サーバーダウンをしてしまっては海外のファン達にとって、ソウル市の悪い印象を与えてしまう可能性もある」と指摘しています。

今後はSNSで配布も検討中

また関係者によると今後はこの曲をTwitterなどのSNS上からも公開することを検討していると明かしており、YouTubeで13日に公開されるMVはソウルの観光スポットであるナムサン(南山)、チョンゲチョン(清渓川)、ヨイドハンガン公園(汝矣島漢江公園)、などの映像が差し込まれていると明かされています。

・以前公開されたソウル観光のCM『BTS's Seoul Life』

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・サーバーダウンでソウル市の印象まで悪くなるって…ファンが多いからサーバーがダウンするんだろうけど。[+5322 -52]

・Melonをダウンさせたグループだから…でも本当凄いね[+3750 -96]

・ソウル市を逆恨みするようなARMY(防弾少年団のファン)ではないよ[+3295 -72]

・ARMYとしては全く問題ないよ。ダウンロードしたARMYが他のARMYに配っているって聞いた。[+631 -9]

・すぐにダウンロードしようと思ったけど、サーバーダウンになった。やっぱりそうだと思った。[+414 -6]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント