韓国で福士蒼汰主演映画が立て続けに公開で、福士蒼汰旋風が巻き起こっている件

韓国で福士蒼汰主演映画が2本立て続けに公開の件

韓国の映画館で俳優・福士蒼汰が主演映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『ちょっと今から仕事やめてくる』が立て続けに公開され、韓国でも福士蒼汰の人気の高さがうかがえます。また、福士蒼汰が出演したこの2本の映画が、韓国人にも共感できると評判のようです。

韓国人の感性を刺激する『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

韓国でも知名度の高い小松菜奈と共演した『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ですが、30日間の「青春ロマンス」を描きながらもどこか悲しい独特さがあるこの映画は、韓国人の感性にも通じるものがあると評判のようです。

社会人に大きな共感を得ている『ちょっと今から仕事やめてくる』

俳優・工藤阿須加と共演の『ちょっと今から仕事やめてくる』は、まずタイトルから社会人の共感を得ており、作品の内容に関しても日本と労働環境が似ていると言われている韓国でも「自身の暮らしと重ねてしまう」という現代人が多いようです。

また、この2つの映画は韓国で上映されてから1ヶ月が経過したものの、映画館によってはまだ上映されているため、韓国での日本映画ブーム、また福士蒼汰ブームはまだまだ続きそうです。

韓国のネット上での意見

Naverより(+が共感、-が非共感)

・日本のドラマや映画は感性を刺激する何かがあるよね[+30 -1]

・日本映画は余韻を感じられる映画が多い[+2 -1]

・日本ってサイコ映画多いよね[+6 -8]