SMエンターテイメント、22年ぶりにロゴ変更。過去の楽曲MVにもロゴを適応中

SMエンターテイメント、ロゴが変わる

BoAや少女時代、f(x)、東方神起、RED VELVET、EXO、SUPER JUNIOR…など多数のアイドルが所属する韓国最大手の芸能事務所SMエンターテイメントが22年ぶりに会社のロゴを変更しました。

このロゴは早速使用されており、SMの以前の楽曲のMVにも改めて編集され適応されています。


ロゴの意味

今回のロゴは変形と拡張が可能であることを意味しており、爽やかなイメージのピンク、現代的な感性を意味するホワイト、新しい文化を作っていく革新性を表すブルー、知的なイメージを表すグレーで表現されています。またこのロゴに関して、SMは今後AI(人工知能)の時代を念頭において、音楽だけでなく、ライフスタイルや様々なコンテンツに対応できるように新しくブランディングすることを発表しています。

SMは以前からAIを用いたエンターテインメントの活用に注目しており、AI開発を発表しています。
SM「K-POPで全く新しいAIエンターテインメント業界を作りたい。」
SMがAI開発に乗り出すことを発表 BoAや東方神起、少女時代、SUPER JUNIORなどが所属するSMエンターテインメントが人工知能『Aibril』を...