リーダーの仕事は?マンネの役割は?K-POPグループのポジションまとめ

様々なアイドルグループが存在する現状のK-POPグループでは、下記のようにある程度ポジションやパートが明確化されつつあります。

役割:リーダー

基本的にリーダーはメンバーをまとめ、メンバーと所属事務所の窓口の役割をするポジションです。リーダーの中にはBIGBANGのG-DRAGONや、2NE1のCLのように曲のプロデュースや実際にグループの舵を握るリーダーもいれば、そこまで大きな権限を持たないグループもいます。

・リーダー=プロデューサーとは限らない

必ずしも曲を手がけるメンバーがリーダーという訳ではなく、EXIDはLEが曲をプロデュースしていますが、リーダーはソルジです。ソルジは元々追加メンバーですが、最年長に加え、EXID以前に2NBとしてデビューしていること、またボイストレーナーとして働いていたことなどが評価されリーダーとなっているのかもしれません。

・例外

多くのK-POPにはリーダーが存在しますが、miss Aはリーダーが存在しなく、T-ARAはリーダーを交代制にするという変わったシステムを採用しています。

役割:マンネ

末っ子という意味のマンネ(막내)という立ち位置ですが、実際に血が繋がっている訳ではなく、年齢が一番下のメンバーを指します。年齢が一番下ということで、他のメンバーからイジられ、可愛がられることが多く、逆にマンネは上のメンバーを立てることで成立します。メンバー間に年の差がある程マンネが引き立ちます。

日本のアイドルに比べ、年下というポジションと役割がより明確化されている韓国独特なポジションです。

役割:ビジュアル担当

アイドルグループは実力も大切ですが、アイドルとしてのビジュアルも重要視されます。そのため様々なタイプの容姿のメンバーで構成されます。

中でも最もビジュアルが優れたメンバーがビジュアル担当になり、グループの顔として、グループのセンターや、インタビュー、演技やモデル活動などを務めることがあります。

しかしあまりビジュアル担当と公言されることがなく、絶対的なビジュアル担当というポジションがいる訳ではありません。

ポジション:センター

パフォーマンスの際、中心にいる人物です。基本的には奇数グループに多いポジションです。

・曖昧なポジション

メインボーカルやメインダンサーがセンターとも限らず、少女時代のセンターはユナですが、メインボーカルはテヨンで、メインダンサーはヒョヨンとされています。

また曲によっては他のメンバーがセンターを務めることもあり、センターが公式に決まっていてもある程度流動的に変わる場合もあります。

スヨンがセンターポジションに来ることが多い『GALAXY SUPERNOVA』

・センターがいないグループも

そもそもセンターポジションがないグループもあり、偶数グループはセンターを持たないことが多く、2NE1やGirl’s Dayはセンターと言われるメンバーがいません。

パート:メインボーカル

グループで最も歌唱力のある人物です。高音が出せるメンバーで、主に大サビの盛り上げる部分を担当することが多いです。

・メインボーカル=センターではない

メインボーカルはあくまで楽曲に割り当てられたパートであり、センターという立ち位置ということではありません。

AOAではメインボーカルのチョア、ラッパーのジミンが頻繁にセンターポジションに入れ替わりますが、あくまでチョアはメインボーカル、ジミンはラッパーというパートであり、センターはソルヒョンが務めることが多いです。

パート:ラッパー

最近のグループでは、ラップ担当のメンバーを置くことが多く、ラップが優れた人物がラッパーパートになります。ラッパーだからといって歌に参加をしない訳ではなく、ラッパーとボーカルを兼任するメンバーもいます。

その他のポジションや役割

最近では海外マーケティングのためか、外国籍、または外国語が堪能なメンバーを置くことが多く、その他にもGirl’s Dayのミナやヘリ、miss Aのスジのようにバラエティ番組やドラマなどで活動を担当することが多いメンバーポジションも実質的に存在します。