大人気マンガ「虹色デイズ」が映画化!主演は佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星

大人気マンガの映画化が決定

女子高生を中心に人気を集める漫画「虹色デイズ」の映画化が決定し、大きな反響が寄せられています。「虹色デイズ」は「別冊マーガレット」でコミック累計300万部を突破した青春ストーリー。男子高校生4人組が主人公という、少女漫画には珍しい設定が人気を呼び、イケメン男子高校生たちの友情と恋が描かれています。

主演は今をときめく4人!

主人公の男子高校生たちを演じるのは、今をときめく若手俳優たち。4人が全員主演と言う「カルテット主演」は日本初だそうです。ピュアで元気な愛されキャラの「なっちゃん(羽柴夏樹)」には、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍する佐野玲於さん。チャラくて女好きなモテ男「まっつん(松永智也)」は、『きょうのキラ君』や『ReLIFE リライフ』の中川大志さん。秀才で超マイペースなオタクの「つよぽん(直江剛)」は、「第9回 TAMA 映画賞最優秀新進男優賞」を受賞した高杉真宙さん。いつもニコニコしているが実はドSという「恵ちゃん(片倉恵一)」は、『オオカミ少女と黒王子』や『honey』で注目を集める横浜流星さんが選ばれました。

映画「虹色デイズ」は2018年の夏頃全国ロードショーを予定しています。これからSNSなどで撮影の様子が見られるのか、イケメン4人組がどんな表情を見せてくれるのか、楽しみです。