MADTOWN、所属事務所を相手に専属契約解除を理由に提訴していた

所属事務所に対し専属契約解除を要求し訴えたMADTOWN

MADTOWNが8月21日に所属事務所のGNIエンターテイメントを相手に専属契約解除を理由に提訴していたことが明らかになりました。現在の所属事務所に移籍後、一切の支援を受けられなかったことが理由のようです。

・MADTOWN

MADTOWNを支援しないつもりではなかったという所属事務所

MADTOWNは2014年に『MBLAQの弟グループ』としてJ.Tune Campからデビューしましたが、2016年にGNIエンターテイメントがMADTOWNを引き抜くという形で移籍しています。しかし、3月に事務所代表が詐欺の疑いで拘束されてから事実上MADTOWNの活動は困難になったとのことです。

MADTOWNの今後の行方は?

現在訴訟中のMADTOWNですが、GNI側の経営状態の悪化が法的に証明できればMADTOWN側が有利になる可能性が高いと言われています。

韓国のネット上での意見

Naverより(+が共感、-が非共感)

・早く契約解除してカムバックしてほしい[+139 -1]

・早く裁判終わって活動できればいいね[+94 -1]

・頑張ってね[+69 -0]

・だから最近テレビで見なかったんだ[+67 -1]

・MADTOWN頑張って[+37 -1]

・MBLAQの時もそうだったし、J.Tune Camp本当に気に入らない[+30 -1]

・いい結果が待ってるよ[+25 -1]

・うまく解決してほしい[+24 -0]

・J.Tuneも今の事務所もクズ[+23 -0]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント