防弾少年団、各メディアで楽曲に対する取り組みが高く評価される

イギリスのアルバムチャートで14位を記録した防弾少年団

防弾少年団の最新アルバム『LOVE YOURSELF 承 "Her"』がイギリスのアルバムチャートで14位を記録し、話題になっています。防弾少年団は2016年に発売したアルバム『WINGS』でも62位を記録しており、それをはるかに上回ったことになります。

楽曲を発売するたびに成長を遂げている防弾少年団

以前の記事の内容と少し重複する部分がありますが、防弾少年団は学校や韓国の教育制度を批判する楽曲などで既存のアイドルとは明らかに差別化をはかっていた初期の頃から、恋愛を全面に押し出している新曲『DNA』まで、楽曲のコンセプトに変化があるものの、実は今までの楽曲が一貫性があり、成長していくメンバーの姿を楽曲を通じて知ることができます。この点が防弾少年団がK-POPの新たな『DNA』になる理由と各メディアでも評価されています。

【L-enの韓国エンタメ分析】防弾少年団の現在までの楽曲のコンセプトとメッセージ性の変化を分析
防弾少年団の曲には様々なパターンがあり、次の曲のコンセプトが予想し難いですが、最近の流れを読むとと割と予測しやすいと...

楽曲に対する姿勢が高く評価されている防弾少年団

また、防弾少年団の楽曲以前にメンバーの楽曲に対する姿勢を高く評価するメディアも多いです。具体的には…

・良いパフォーマンスのためにはとにかく練習を欠かさない
・本番ではどんなステージでも疎かにしない
・時間があれば曲作りに没頭する

…という点ですが、これに関しては事務所が命令しているわけではなく、メンバーが自ら行っているということが以前明かされました。

アーティスト防弾少年団を育てる秘訣は『自由奔放主義』とプロデューサーが明かす
先日、防弾少年団SUGAが手がけたスランの新曲『If I get drunk today』が各種音源チャートで1位を獲得し、防弾少年団のプロデュース力が...

韓国のネット上での意見

Naverより(+が共感、-が非共感)

・長い間積み上げてきた城は崩れないっていうからね、防弾はずっと成長していくんだと思う[+614 -5]

・この前このグループ見て思ったけど、防弾は脱アイドル、脱K-POP化してると思う、こういう部分が外国人のファンもつかんだのかな?[+105 -1]

・防弾は年齢関係なしにみんな好きになると思う[+90 -2]

・彼らは楽曲もそうだけど、人柄もいい[+87 -1]

・世界で認められたみたいで嬉しい、努力あっての成功だもんね[+74 -1]

・ステージは本当に脱アイドル級だと言い切れる[+66 -1]

・人としてリスペクトする防弾[+66 -1]

・これからもファンにもっと新しい音楽を聴かせてほしい[+58 -2]

The following two tabs change content below.

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント