【L-enの韓国エンタメ分析】防弾少年団の現在までの楽曲のコンセプトとメッセージ性の変化を分析

防弾少年団の曲には様々なパターンがあり、次の曲のコンセプトが予想し難いですが、最近の流れを読むとと割と予測しやすいところもあります。防弾少年団のそれぞれの楽曲のコンセプトやメッセージ性をまとめました。YouTubeの再生回数は2017年9月19日午前10時基準のものです。

2013.06.11"No More Dream" 45,485,902回

学生に「君の夢は何?」という疑問を問いながらみんなの夢と自分達が進む道を表現しています。しかし当然ながらこのような攻撃的なコンセプトは初期ではあまり反応が良くないです。

2013.07.16 "We Are Bulletproof Pt.2" 66,576,569回

「チャートを全部狙っていく」というようなメッセージ性があり、ここでは社会問題よりは自分達のアーティストとしての魅力と意志をアピールしました。

2013.09.10 "N.O" 49,681,410回

ここではまた抑圧されている学生の身分とそこから脱出しようとする意志を表現しました。「大人達は俺に言う」デビューと学校3部作のスタートです。この辺はまだ力弱い事務所のアイドルグループとして初めて活躍を見せてくれました。メンバー達が当時まだ学生の年齢でもあり、学校のコンセプトシリーズでグループのイメージを固めています。また新人賞を獲得することで中小芸能界者の可能性と音楽性を見せてくれました。

2014.02.11 "Boy In Luv" 148,960,170回

「君のオッパ(恋人)になりたい」という恋愛をテーマにした曲。

2014.04.06 "Just One Day" 63,488,272回

「1日でも君と一緒にいれたら」というメッセージで、"Boy In Luv"と合わせてこの2曲においては社会問題よりは若者の恋愛をより素直な気持ちで表現しました。今までとは違う色を見せてくれましたね。

2014.08.19 "Danger" 92,841,633回

「もう惑わせるな」というメッセージ。

2014.10.21 "War of Hormone" 91,033,451回

2014年は以前よりもアイドルっぽいヒップホップ曲で恋愛を現代の若者らしく表現しました。コンセプトの多様化を試みたということですね。

2015.04.29 "I NEED U" 89,074,181回

この辺がBTSの最も大きいターニングポイントですね。若いけど、若いから迷う。そして危険な青春を描いた"I NEED U"で初めて1位を獲得します。再生回数はオリジナルバージョンまで含めるともっと多いです。

2015.06.23 "Dope" 211,604,357回

「徹夜して仕事した、お前らが遊んでる時」といった内容の歌詞が出てきますが、ここではまた"We Are Bulletproof Pt.2"のように自分達の志を表現しています。より激しくなった歌詞とパフォーマンス、そして自分達のことをメインに歌ってはいるものの感情移入もできるような曲になってきました。

2015.11.29 "Run" 58,498,782回

「止められない、僕のものにならなくてもいい」といった内容でここではもう1度感情的な気持ちを入れ、危険な恋愛のかけひきを表現しています。

2016.04.19 EPILOGUE : Young Forever 33,591,042回

「今日、間違いはなかったなのか、観客の表情はどうだったか。夢、希望、前進、前進」といった内容で、ここでは再び自分達の話を描いています。しかし今までとは違って弱気な部分を出しています。グループが人気になってきたためであるということも考えられます。今のままでずっと夢を追いたいという希望も込めています。

この辺から防弾少年団の曲の流れが『感情的』→『攻撃的』、『自分達の話』→『社会の話』という流れになります。しかし多様性を忘れてはいないです。なぜなら防弾少年団の所属事務所の社長は大衆性(世間受け)を捨てていないためです。

2016.05.01 "FIRE" 203,622,878回

「負けても良い。」社会問題を攻撃的に表現しています。

2016.05.15 "Save Me" 135,106,972回

「その手を差し伸べてSave Me」といった歌詞。感情的に危なかしい1人の個人としての曲です。頼れるところが欲しいという内容ですね。

2016.10.09 "Blood Sweat & Tears" 181,099,829回

「俺の血、汗、涙も君のもの」といった歌詞。多様化を試みた曲です。歌詞の内容も対象が曖昧で今までとは違う曲調ですが、大衆性を狙うために海外で流行っていたビートを取り入れました。

2017.02.12 "Spring day" 112,971,527回

「会いたい会いたい」 感情的な曲で友達や恋人、会えなくなった人に会いたいという感情を歌います。

2017.02.19 "Not Today" 139,308,778回

「Not Today まだ今日で終わらない。」という攻撃的で自分達の人気が上がってるけど、まだここで終わらないと表現しています。

2017.09.18 "DNA" 17,200,893回

やっと出た新曲!今回は感情的でも攻撃的でもないトレンドに合わせた感覚の曲が出ました。明るい感じの曲で今までは感じられなかった雰囲気と曲調です。少し SEVENTEENともかぶるような楽曲ですね。これでもう1つ新たに曲のカテゴリーを広げようとしています。今回もアルバム全体の構成は着実で長いと思われるので、まったく違う雰囲気の3曲の流れになってくるのではないかと思います。またPVを出している曲も多くなって来ているので、その中でもまた自分達を歌う曲は出て来るのではないかと考えられます。

動画の掲載方法に変化も

興味深い点は"FIRE"以降からオフィシャルMVを自社のチャンネルで載せています。Save Meからは自社の動画のみですね。YouTubeの再生回数で差があって驚きましたが、利益が出て来て、十分な発信力があるためだと考えられます。また、次回、防弾少年団の詳しい戦略を再整理してみます。

この記事を書いた人:L-en(エレン)

元CUBEエンターテインメント所属。K-POPなど韓国のエンターテイントビジネスとSNSの関係などにの関係について大学で論文を掲載。IT企業で新規事業のプロデューサー、プロジェクトマネージャーなどの肩書きも持ち、現在東京・新大久保でバーも経営中。

・Twitter:@Star_L_eN
・L-enさんのお店:K-style Cafe&Bar LeN(東京都新宿区大久保1-7-21,2F)