K-POPアイドル、デビューするのにこれだけ費用がかかる

所属事務所は莫大な費用を抱えるK-POPアイドル市場

毎年様々なK-POPアイドルがデビューをしていますが、韓国では日本のような「地下アイドル」というような事務所に所属せずアマチュア分野で活躍するようなアイドル市場がないため、練習生として芸能事務所に所属をしてデビューするのが一般的であり、所属事務所側は莫大な費用がかかるようです。

練習生の頃から莫大なコスト

歌や演技などのレッスン費の他、住居や食費、衣服などの提供費がかかります。通常レッスン費は練習生が支払う必要がないところがほとんどのようです。

JYPは練習生や新人の育成費を「新人の研究開発費」という経費として分類しており、2013年8億ウォンと発表しており、2013年のJYPの練習生数は合計39人なので練習生1人当り2000万ウォンという計算になります。

練習生時代からデビューまでの平均期間が3年のため、メンバーを5人とすると、最低5〜6億ウォンの費用が発生するようです。

デビューへ向けて

・曲の発注費

曲を外注すると3曲計算で作曲費に約1500万ウォン、レコーディングに約1200万ウォンがかかります。

・MV費

ミュージックビデオ1つ作製するのにあたり、MV撮影だけでなく、衣装、メイクなどがかかり費用は1億5000万ウォン以上かかると言われています。さらにアルバムジャケットを作製するのもどうように費用がかかり、2000万ウォン以上かかります。

・宣伝費

最近ではメディアを使った宣伝が増えており、宣伝費は1億ウォン以上はかかるようです。

音楽番組に出演

アイドルが1週間、複数の音楽番組に出演すると少なくとも700〜1500万ウォンの費用がかかると報道されており、内訳は下記の通りです。

・衣装代:1人あたり約60万ウォン × 地上波3社分
・バックダンサー代:1人あたり約7万ウォン
・ヘアメイク代:1回約50万ウォン
・スタッフ代:アイドルグループに約15人のスタッフが同行するため1週間で100万ウォン以上

上記にメンバーの人数分がかかり、活動期間は6〜8週間ほどのため、数億ウォンに達します。そのため番組出演で効果がないと判断した場合、活動期間を短くすることもあるようです。

K-POPアイドル、1週間音楽番組に出演すると1500万ウォンかかる場合も…
音楽番組に出演するアイドルはコストとの戦いだと報じています。記事によるとアイドルが1週間、複数の音楽番組に出演すると少なくとも70...

デビュー2〜3年目が勝負

アイドルの寿命は、一般的に5〜6年程であり、デビュー曲からヒットすることはそうないため、少なくとも2〜3枚目のアルバムまでの継続的なリスクを考慮しなければいけません。デビュー後、2〜3年以内に成功していなければ、赤字10億ウォン以上となるため、デビュー2〜3年目が勝負と報道されています。

韓国のネット上での意見

Naverより(+が同意、-が否定)

・だからイベントあっても給料の支払いが遅れるのか[+4740 -44]

・IUは自分で作詞作曲全部するし、曲もロングヒットしたし、LOENエンターテインメントにとってはすごい利益だね[+4302 -553]

・MVになんで1億5000千ウォンもかけるの?誰も見ないのに[+3614 -448]

・簡単なことではないんだね[+2548 -35]

・ヒットしたら本当良いよね。全部お金戻ってくるんだし[+2144 -16]

・そう考えると、デビューしてから800~1095日で地上波の音楽番組で1位になったEXIDやApink、Girl’s Dayとかは所属事務所すごいね。たくさんの赤字があっただろうに。[+653 -40]

・SMは先輩達が稼いでくるから給料もすぐ支払われるね[+624 -56]

・私が応援しているT-ARAはTwitterで一晩で数億失って、借金を背負った[+489 -45]

・改めて、EXOを脱退したメンバー達は本当最悪だね[+354 -30]

・それでもBIGBANGやSUPER JUNIOR、少女時代、WONDER GIRLSなどはその数倍も稼いでくれるし、会社の立場としてはグループが何個もあるよりも、そういうグループが1つあれば良いんだろうね。[+404 -20]