死んだらあなたのSNSのアカウントは?

あなたが死んだらSNSのアカウントは?

この時代SNSを利用している人は珍しくありません。しかしあなたが死んでしまったらそのSNSはどうなるのでしょうか?主なSNSの故人アカウントの扱いは下記のようになっています。

■Twitter

故人の家族や代理人により故人のアカウントの削除が可能です。フォームでリクエストを送信した後に、故人の情報、身分証明書のコピー、故人の死亡証明書のコピーなどの必要書類や手順がメールにて送られるようです。

■Facebook

故人の家族によりアカウントを削除することも可能ですが、『追悼アカウント』に切り替えることも可能です。追悼アカウントは亡くなったユーザーを友達や家族が集い、その人の思い出をシェアするための場所だそうです。

■Instagram

Instagramも同様に遺族からのリクエストでアカウントを削除、または追悼アカウントに切り替えることが可能です。

従来までの死とネット社会での死

このたった10〜15年ほど世界は大きく変わりました。従来まで死というものは本人が亡くなったら形として残る物は遺品や遺骨、お墓などでした。しかしSNSが普及したネット社会において、亡くなった後も第三者が処理をしない限り、故人はネット上で半永久的に残り続けることになります。SNSは日記と違い、その人の軌跡が残りやすく、死の直前までの何気ない投稿がこの世に残り続けます。

もしあなたがSNSでの繋がりが多い場合、きっと友人や家族があなたの投稿を見てあなたを思い出してくれるでしょう。しかし逆にSNSにずっと残り続けるのを見ることで悲しいという意見もあると思います。

もし故人があなたのフォロワーだったらどう思いますか?またあなたが亡くなったらあなたの軌跡もこの世に残したいですか?