ソルリ「23年の人生で後悔していることは大学を諦めたこと」

ソルリがファッション誌『Grazia Korea』のインタビューで自分の人生で後悔していることについて明かしました。

23年の人生の中で後悔している部分についてソルリは元々大学に行きたかったものの行けなかったことと答え、後になっても必ず大学に行くと明かしています。ソルリの場合元々子役として芸能界デビューをしており、その後SMエンターテインメントに所属しf(x)として活動を続けていたため、スケジュールの関係で大学を諦めたとようです。

・子役時代のソルリ

ソルリはそのことに対しても「最近仕事に対する達成感や責任感も生まれているものの、芸能界に入るなる前にあらかじめ社会経験を積んでいたらどうなっていたんだろう」と表現しています。