イスラム圏コスプレイヤーの「ヒジャブコスプレ」が話題に

イスラム教徒の若い女性の間で、日本のアニメやゲームのコスプレが流行しています。彼女たちはイスラムの教えで『ヒジャブ』と呼ばれるスカーフを着用することを逆手に取り、新しいコスプレの形を生み出しています。

ヒジャブコスプレ

イスラム教で、原則女性が外に出していいのは顔と手のみ。好きなアニメやゲームのキャラクターに近づきたい彼女たちは、ヒジャブを髪の毛として扱い、コスプレをしています。

 

まるでウィッグのようにヒジャブを扱っていて、とても素敵に仕上がっていますね。

イスラム圏にも日本のアニメは浸透

イスラム圏、特に東南アジアでは日本のアニメが大流行し、翻訳された漫画なども発売され人気を集めています。

日本のコスプレ文化を吸収した彼女たちが、これからどんなコスプレを見せてくれるのか、世界から注目が集まっています

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント