℃-ute・萩原舞が芸能界引退を発表!彼女が歩んできたアイドル人生

6月12日に解散するハロー!プロジェクトのアイドルグループ・℃-ute。最年少メンバーの萩原舞が27日に自身のブログを更新し、芸能界から引退することを発表しました。

(画像は公式サイトから)

6歳でハロプロ入り!

萩原舞がハロプロに加入したのは2002年6月。当時萩原はまだ若干6歳でした。テレビ放送もされた「ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション」に萩原はオーディションの感想を聞かれ、「つんく♂とか来て楽しかった」という名言も残しています。

その後、2005年6月11日に℃-uteが結成され、萩原舞は最年少メンバーとして加入します。ちなみにインディーズデビュー当時、萩原は何故か大きなサングラスを掛けており、ファンの間で謎を呼びました。

・インディーズデビュー曲『まっさらブルージーンズ』

℃-uteはこれまでの12年間で3人の卒業者を出しています。萩原も一時は卒業するか迷った時期もあったようですが、12年間、ハロプロを代表するアイドルとして走り続けてきました。

引退理由

萩原は芸能界引退についてブログで…

「私は°C-ute解散後、芸能活動ではなく違う道で頑張ってみたいって思っています。私は、今まで°C-uteの活動をしてきてメンバーのみんなに沢山甘えてきました。”メンバーはずっと私の側にいてくれるから大丈夫”
と思っていた部分がありました。ですが20歳を超えた以上メンバーに甘えてばかりではなく自分の足で
自分の力で頑張らなきゃ。って思いました」

「色々なことに今後は挑戦していきたいと思っていますが、まだ確実なことが決まってないのでまずは、海外に行き、英語を喋れるようになり視野を広げたいなと思ってます。初めて1人で生きていくことに不安もすごくありますが、みんなからもらった愛、パワーで萩原舞らしくマイペースに一歩一歩進んでいきたいと思います!」

…と述べています。

・ラストシングル『To Tomorrow』

芸能界ではなく、違う道を歩むことを決意した萩原舞。ファンとしては残念でなりませんが、これからの彼女の人生が輝かしいものになるよう、応援しています。

The following two tabs change content below.
sherbets

sherbets

1991年生まれ。フリーライター。カルチャー誌『アヴァンギャルドでいこう』編集協力の他、ネットライティング、小説、評論等を執筆。