絵本を描くアイドル『米田真実/まみめろ』にインタビュー

1月20日から22日までロシアンメイドカフェで話題になった早稲田の『ItaCafe』にて絵本を描くアイドルとして活動している米田真実さんの個展が行われたのでインタビューをしてみました。

簡単なプロフィールを教えてください

「光があるから影がある!みんなが持ってるストーリー♬ 絵本を描きながらライブ活動をしているまみめろこと米田真実です。静岡市出身、現在は都内を中心にライブや撮影会、創作活動をしています。」

どんな絵を描いてますか?

「私が描く絵や絵本の大元のコンセプトは『光と影』です。色鉛筆とパステルがメイン画材で暗い絵でもほんのり温かさを感じるように描いています。」

アイドルになったきっかけは?

「絵と音楽の融合がしてみたいと漠然と思っていたからです。歌も元々好きでした。いきなり子ども相手にやるのはコネクションが無くて、アイドルライブに出るようになったのがきっかけです。」

現在どういう活動していますか?

「自分が描いた絵本から曲を作ってもらってそれを歌ったり、自分のオリジナルキャラクターのテーマ曲を作ってもらってそれを歌ったりしています。グッズ展開も絵本からオリジナルキャラクターのキーホルダーまで様々です。」

初の個展を終えての感想

「きちんと会場を借りて開催したのは初でしたが多くの方に足を運んで頂きました。SNSの時代、アイドルとしての側面が強く出てしまうことが多いのですが、個展を通して一人の作家・アーティストの米田真実を掲示出来たのではないかと思います。足を運んでくれた方々が少しでもそう思ってもらえていたら嬉しいです。」

今後の夢、目標

「1番の目標はCD付きの絵本を正式に出版することです。絵本作家として、アイドルとして、両方を大切にしつつ他の誰にも変えられない唯一無二のアーティストになりたいです。」

まみめろTwitter:@mamimero_y

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント