【L-enの韓国エンタメ分析】少女時代に2年間の空白期があった理由

少女時代が8月4日に10周年記念アルバムをリリースし現在活動中です。

これは2015年8月にリリースした『LION HEART』以来およそ2年間ぶりとなりますが、なぜこのように大きな空白期が空いてしまったのか、韓国の芸能事務所CUBEエンターテインメントに以前所属し、現在東京でバーを経営しながらK-POP情報など韓国のエンターテイントビジネスとSNSの関係などについて分析・配信しているL-en(エレン)さんに考察をしてもらいました。

少女時代が2年間の空白期があった理由

L-en:単純に戦略的な面が強いんじゃないかと思います。BIGBANGやEXO、防弾少年団も今後そうだろうと思いますが、韓国で1回頂点に立ったアーティストが持つ傾向で、今まで1位をとっていたグループはたとえ他のグループとコンセプトが違くてもチャートで1位を取れなかったらマイナスイメージなので他のグループと時期をずらします。

L-en:BIGBANGも今までEXOと時期がかぶったら曲を出せなかった訳です。今EXOは防弾少年団と同じ時期に曲を出さないです。それはかぶった時にチャートで勝つか負けるかというのがあるからです。防弾少年団としてはここ1〜2年くらいで売れたグループで、勝っても負けても損ではないので、防弾少年団は時期関係なく曲を出せます。

L-en:そういう理由で少女時代がこの2年間カムバックしなかったのは他のグループを避けてたからと言えます。特にライバル関係と言われるグループや凄く人気が出てきたような後輩女性グループがいる時期には偶然かぶる事があっても基本的に曲を出してはいないです。

現在1位を取れる女性グループが多数いる状況に

前回も記事にしましたが、2015年は世代交代の時期だったこともあり、この2年で人気グループの解散やデビューなどを通してガールズグループの状況は大きく変わりました。人気グループとしてはTWICE、GFRIEND、RED VELVET、MAMAMOO…などが活躍しています。

少女時代が2年ぶりにカムバック。この2年で大きく変わったK-POPガールズグループ現在の状況
少女時代が2年ぶりのカムバック 少女時代が今年デビュー10周年を迎え、8月4日(配信は8月4日、CDは8月7日)にカムバックを控えています。...

L-en:現在1位を取れるような女性グループが多い状況になってしまっていて、例えばGFRIENDだけならGFRIENDだけを避ければ良いですが、もうそうじゃなくなってしまい、1位を取りづらいという状況なので今後少女時代はソロ活動がメインになってしまうのではと思います。あとは海外活動などです。

この2年間は有意義だった?

この2年間で少女時代ではテヨン、ソヒョン、ヒョヨン…など複数のメンバーがソロで歌手活動をし、他のメンバーも演技などでソロ活動がメインとなりました。

L-en:有意義なものだったと思います。女性歌手として1人でできるのって今K-POPでもテヨンやIUくらいじゃないのかと思います。韓国市場自体がアイドルグループの活動がメインとなっているのでソロで成功している歌手って本当に少ない状況です。

L-en:グループだった人達がソロで活動もしたりしますが、テヨンの場合は歌唱力もあるので歌手としてもいけると思います。他のメンバー達はどちらかというと歌手じゃない方に行くと思います。SMはSMで影響力のある事務所なので、少女時代がグループ活動続けなかったとしても何かしらの活動でメンバーに給料は出ると思います。

BoAのように今後少女時代が役員を務めることもあり得る?

少女時代が所属するSMエンターテイメントでは、2000年にデビューをしたBoAが今までの活躍を認められ2014年から役員を務めています。

BoA、デビュー当時の日本語勉強法は?
15周年記念イベント 5月30日、BoAが東京の六本木ニコファーレでデビュー15周年記念イベントを開催しました。六本木ニコファーレはBoAが...

L-en:歳をとっていって歌手からプロデューサーの立場になって行くことも十分あり得ます。ただし本当にそれなりの利益を上げた立場の人間じゃないと難しいと思います。韓国の3大事務所(SM・YG・JYP)の皆さんは歌手出身の方なので、やっぱり歌手経験があってプロデュースをするというのはそれなりのブランド力があると思います。現場の感覚を持っている人が役員やプロデュースの立場に回っているのは凄く良いと思います。

『現場の感覚』を持つ人材は大切

L-en:DSPメディア(SS501、KARA、RAINBOW、APRILなどが所属)などは歌手じゃない人がプロデュースをやって売れた例なんですが、やっぱり市場についていけなかったのか、いろいろな理由があるとは思いますが、弱まってきました。経営者が変わってCUBEなどもそうです。経営者が変わったとしてもプロデュースができる歌手出身の人が経営をすればなんとかもかもしれないんですが、そうじゃない人達だけがいる状況だとやっぱり厳しいとは思います。

L-en(エレン)

元CUBEエンターテインメント所属。K-POPなど韓国のエンターテイントビジネスとSNSの関係などにの関係について大学で論文を掲載。IT企業で新規事業のプロデューサー、プロジェクトマネージャーなどの肩書きも持ち、現在東京・新大久保でバーも経営中。

・Twitter:@Star_L_eN
・L-enさんのお店:K-style Cafe&Bar LeN(東京都新宿区大久保1-7-21,2F)


【L-enの韓国エンタメ分析】YGのリリースが遅れる理由は?
YGのリリースが遅れる理由は? BIGBANG、iKON、WINNER、BLACK PINK…などが所属するYGエンターテインメント。大手事務所として知られて...
【L-enの韓国エンタメ分析】とあるK-POP練習生の生活やデビューへの流れ
韓国の芸能事務所CUBEエンターテインメントに以前所属し、現在東京でバーを経営しながらK-POP情報など韓国のエンターテイントビジネス...
【L-enの韓国エンタメ分析】防弾少年団はなぜ急激にヒットした?
急激に成長した防弾少年団 ここ数年で驚くほど急激に成長している防弾少年団。2015年には防弾少年団の投稿が韓国で最も拡散(リツイート...