【L-enの韓国エンタメ分析】TWICEの日本デビューは成功!BLACK PINK日本進出の理由は?

TWICEが6月末に日本デビューを果たし、BLACK PINKも8月に正式に日本デビューをする予定です。

韓国で人気を博したこの2つのグループの日本進出について、韓国の芸能事務所CUBEエンターテインメントに以前所属し、現在東京でバーを経営しながらK-POP情報など韓国のエンターテイントビジネスとSNSの関係などについて分析・配信しているL-en(エレン)さんに考察をしてもらいました。

TWICEの日本デビューは成功

L-en:K-POPの場合、男性アイドルはどちらかというと海外で収益を上げて、女性アイドルは韓国内で収益を上げるというのが多かったのが、異例だったのが少女時代とKARAでした。それらのグループは他のグループよりも先走っていたというので成功したというのがあると思います。

・日本進出に成功した少女時代とKARA

KARAと少女時代の日本での活躍や記録。この時代を懐かしむ声も
KARAと少女時代の日本での記録が話題となっています。 KARAの日本デビュー KARAは2007年3月に韓国で『Break It』でデビューをしてい...

L-en:今回のTWICEの日本進出に関してはTWICEが持っている魅力に加えて、日本人メンバーが3人もいるというのが政治的に見ても大きいと思います。逆に中国進出だったら台湾人が含まれていることなどもあり不安要素はあります。日本進出に関してはあまり失敗する理由が探せないほどだと思います。

・TWICEヒットの理由についての考察

【L-enの韓国エンタメ分析】デビュー以来TWICEがヒットし続けている理由
TWICEのおかげでJYPの利益が倍に 2015年のデビュー以来、これまでのガールズグループの様々な記録を塗り替え、度々話題になるTWICE。所...

BLACK PINK日本進出の理由

1.日本でのヒットよりも認知度を上げる

L-en:BLACK PINKはTWICEほどの急成長はないと思いますが、どちらかというと日本に拠点を持つというよりも日本でも認知度を上げていくという面が強いかと思います。またTWICEとコンセプトが全然違います。

L-en:BLACK PINKが持っているコンセプトは2NE1よりも多いと思います。2NE1は『強い女性』というイメージでしたが、BLACK PINKは『可愛くて少し挑発的』というところもあり、日本人の女性に少し近づきやすいかと思います。

・BLACK PINK

・2NE1

2.BIGBANG不在のため

L-en:あとはBIGBANGの不在というのもあります。もちろん男性と女性の違いがあるのでBIGBANGのファンがそのままBLACK PINKのファンに移るというのはないと思いますし、iKONとWINNERがそこまでBIGBANGのファンを連れて来れなかったですが、音楽性の共通点や同じYGファミリーというのもあるので、もう少しファンを引っ張って来れるんじゃないかなと期待して日本進出させるんじゃないかと思います。YGはどちらかというと日本よりも中国に力を入れたいっぽいですけど、なかなか難しいようです。

大手所属事務所の『ブランド力』はもはや意味ない

L-en:TWICEがJYP色を染めずにデビューしたというのを学ぶべきなんじゃないかと思います。SM色を持ったアイドルってどんどん成功できなくなってきてるし、YGもYG色を持っているグループがあまり成功できなくなってきています。BLACK PINKもYG色を持ってはいますが、現在YG色を強く持っているグループ自体が不在の状況なので、受け入れられているというのがあるでしょう。

L-en(エレン)

元CUBEエンターテインメント所属。K-POPなど韓国のエンターテイントビジネスとSNSの関係などにの関係について大学で論文を掲載。IT企業で新規事業のプロデューサー、プロジェクトマネージャーなどの肩書きも持ち、現在東京・新大久保でバーも経営中。

・Twitter:@Star_L_eN
・L-enさんのお店:K-style Cafe&Bar LeN(東京都新宿区大久保1-7-21,2F)


【L-enの韓国エンタメ分析】とあるK-POP練習生の生活やデビューへの流れ
↓For English 韓国の芸能事務所CUBEエンターテインメントに以前所属し、現在東京でバーを経営しながらK-POP情報など韓国のエンターテ...
【L-enの韓国エンタメ分析】防弾少年団はなぜ急激にヒットした?
急激に成長した防弾少年団 ここ数年で驚くほど急激に成長している防弾少年団。2015年には防弾少年団の投稿が韓国で最も拡散(リツイート...