日本でも食べれるかも?最近韓国で人気のカルメギサルって?

数年前から韓国では『今はサムギョプサルよりカルメギサル!』という人の方が多いほど人気が出てきたカルメギサルですが、ここ数年にかけて日本の口コミやブログなどでもおいしいと評判のカルメギサルについて紹介します。

カルメギサル(갈매기살)とは

豚肉の横隔膜の部分で牛肉だとハラミという部位ですが、豚肉のハラミはあまり聞かないものです。『カルメギ』という言葉に『かもめ』という意味があるのでかもめの肉だと勘違いする人も多いようですが豚肉です。

・こっちがカルメギサル←豚肉

・こっちがカルメギ←かもめ
Kalalokki_wiki-01

主な食べ方

カルメギサル専用の鉄板の周りには溝があり、卵に出汁を混ぜ、玉ねぎやチーズ、キムチを入れて焼き、半熟状態をお肉につけて食べたり堅焼きを共にサンチュに巻いたり、もちろんお肉だけで食べてもおいしく食べれます。

日本でも徐々に知名度が上がってきている

2014年末に『王様のブランチ』で知英が紹介しており、その辺りから徐々に日本でも知名度が上がってきています。
スクリーンショット 2
スクリーンショット
▲番組キャプチャー

と言っても、まだまだ日本ではカルメギサルを食べられる店舗は少なく、浸透していませんが、東京だけでも数軒専門店があるようです。

カルメギサルは脂身が少なくサムギョプサルよりヘルシーなのでダイエット中だけれどお肉も食べたい女性にピッタリです。

1 個のコメント

  • カルメギ今回韓国で食べてみた!
    カルビ?ハラミ?みたいな食感でおいしかった♪
    パッピンスのおかげで知りました、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。