ヒョナが幼い頃から目指していた歌手の夢を叶えたと思った意外な瞬間

デビュー10年目のヒョナ

ヒョナは2007年に15歳の時点で既にJYPエンターテインメントからWONDER GIRLSのメンバーとしてデビューをしており、今年でデビュー10年目となります。以前のインタビューでは幼い頃から歌手を目指していたと語っていましたが、それは芸能界を目指していた父親の夢だったと明かしています。

歌手の夢を叶えたと思った瞬間はPSYとのコラボ

そんな幼い頃から歌手を目指していたヒョナが夢を成し遂げたと思ったのは意外なタイミングでした。
「私は夢をすべて成し遂げました。東大門でPSY先輩の歌に合わせて踊り、PSY先輩とMVを一緒に撮影しました。この時点で本当に私の夢をすべて成し遂げました。」

…と、2012年にリリースされた『カンナムスタイル(GANGNAM STYLE)』でのPSYとのコラボを挙げています。






▲動画キャプチャー

カンナムスタイルの爆発的なヒットによってヒョナの知名度は上がり、ソロリリースも増えました。ちなみにヒョナがカンナムスタイルのヒロインに選ばれた理由は「カンナム(ソウルの地名)っぽいから」と以前明かされています。


ヒョナとPENTAGONフイ・イドンのユニットTriple H 、過激なMVが話題に
Triple H アルバム『199X』を発売 ヒョナを中心に結成されたユニットグループ『Triple H』の初のアルバム『199X』が1日発売されました...
デビュー10年目のヒョナ、プロ意識が高いと評価。最近は後輩の指導も
ヒョナ「幼い頃から夢を追いかけてきたためもっと努力する」 ヒョナがファッションメディア『CéCi』のインタビューにデビュー10年目と...