LOVELYZ, gugudan, BoA, Dalshabet… 様々なK-POPに見るグループ名の表記の違い

様々なK-POPグループが存在し、グループ名の表記にも大文字、小文字など様々なこだわりがあるようです。

LOVELYZ/Lovelyz

LOVELYZと表記したり、Lovelyzと表記したりティザーによって異なります。最初の頭文字だけ大文字にするか、全て大文字にするかの2つパターンの表記を持つグループは多いです。

gugudan

『メンバー9人がそれぞれ9つの魅力を持っている』という意味が込められたgugudanは『gu』と『9』が韓国語では同じ発音で、それにかけているためティザー発表ごとに表記が異なり、gugudan、gu9udan、g×9などと様々な表記をすることが多いです。

BoA

BoAは本名の『ボア』の表記は、真ん中のoだけが常に小文字で表記されます。これはハングルの名前をアルファベットで表記した際に子音と母音それぞれの頭文字だけを大文字で表記することがあり、同じ理由でヒョナも『Hyun A/HyunA』と表記されることがあります。

前述のように大文字小文字をこだわっていないK-POPグループが多い中、BoAの場合は特に真ん中の小文字の『o』にはこだわりを持っているようで、BoAが以前『春の雨』のティザーで『BOA』と表記されたことについて下記のように投稿しました。

「なんで私の名前の大文字と小文字を区別ができないんですか?うわ~~~~~私はBoAでしょ?チェックお願いします〜」

またBoAのキャッチフレーズ『Beat of Angel』にかけているという理由もあります。

f(x)

関数を意味したf(x)は大概小文字で表記されることが多く、F(X)と大文字で表記されるのは稀です。

Dal☆Shabet

大文字、小文字の表記以外に真ん中に☆が入るパターンや、真ん中のスペースをつめて『Dalshabet』というパターンもあります。初期の頃は☆が入っているパターンが多かったものの、最近では入らなくつめるパターンが多いです。

K-POP以外では海外のグループやバンドでもこのように大文字小文字の表記が決まっていたり、特に決まっていなく、アルバムジャケットのイメージに合わせて表記を変える場合も多いです。


『プロデュース101』ムンボクの「BoAは綺麗な顔して審査は冷静」というコメントに賛否
ムンボク「BoAは綺麗な顔して審査は冷静」 7日に放送をスタートした『プロデュース101-シーズン2』が熱い注目を集めています。しかしロ...
SMエンターテインメントの社内の昇格が凄いと話題に
BoAとカンタは引き続き非登記理事に SMエンターテインメントが株主総会で理事会を開催し、人事改編を発表しました。有名なところだと、...