無名の所属事務所ゆえにデビュー後自信がなかった防弾少年団が自信を身につけた方法

Big Hitエンターテインメント

防弾少年団が韓国だけでなく海外でも人気を博しており、ここ数年で人気が急上昇を遂げています。そんな彼らが所属する所属事務所Big Hitエンターテインメントは中小芸能事務所であり、韓国では様々な大手の所属事務所が存在しますが、比較すると規模が小さい事務所です。

■防弾少年団以外のアイドルグループ

防弾少年団以外の所属アイドルはガールズグループのGLAMが知られていましたが、メンバーのダヒが俳優のイ・ビョンホンを脅迫した疑いで逮捕・懲役刑になったのを期に解散しました。他には8eight、HOMMEなどが所属しています。

・GLAM

■元々JYP傘下の事務所

元々JYPエンターテイメントでプロデューサーとして活動していたバン・シヒョクがJYPから独立し2005年に立ち上げた芸能事務所で、そのため2AMをJYPと共同で2014年まで管理をしていました。

中小芸能事務所のためメンバー達は自信がなかった

このように大きな芸能事務所ではないため、Big Hitエンターテインメントのバン・シヒョク代表はインタビューで「メンバー達はデビュー前に大きな恐怖がありましたし、プライドも低いです。私達の会社はブランド力がないためメンバー達は『うまくいくだろうか?』という疑問が絶えずありました。そのため『私は君達が思う未来に対して十分に確信があるが、なぜ疑うのか?もう少し自分の信仰を持ちなさい』と言いました」と明かしています。

練習に力を入れることで自信に繋がった

具体的に自信を持たせた方法として練習に力を入れたことを挙げています。「練習を通すことで自信ができ、誰も言わなくても練習するようになり、自分では足りない部分がある場合は、周囲の人々に助けてもらい直していくという習慣を身につけた。」と明かしています。