EXID、グループで利益共有制だったことが明らかに。K-POPの利益の分配方法

ソルジが全く参加できなかった今回のアルバム

EXIDが昨年末からバセドウ病で活動休止状態となっているソルジ以外で先日ミニアルバム『Eclipse』をリリースしました。

・タイトル曲『昼より夜(Night Rather Than Day)』

当初ソルジを含めて活動すると発表されていましたが、その後活動は無理なためアルバムの収録曲だけに参加と発表され、結果的に今回のアルバムは収録曲を含めソルジの声の収録はないままのリリースとなりました。

利益共有制のEXID

そんなアルバムについて、収益はソルジを含めた5人で分配することが明らかになりました。

通常K-POPアイドルはデビュー直後は個人活動の利益もグループで分配し、3〜4年目くらいには個人で出した利益はそのメンバーの収益になります。しかしデビュー6年目のEXIDは現在もメンバーの意志により個人活動で得た収益もグループで共有していることが明らかとなりました。

月給制ではなく、稼いだ分が一気に清算される韓国のアイドルの給料システム
AOAが給料の支払いを受ける 2012年にデビューをしたAOAが2016年2月に給料の支払いを受けたと報道されました。これは黒字に転換したこと...
EXIDヘリン「ソルジの代わりにメインボーカルを務めるのは大変」
EXIDが音楽番組『ユ・ヒヨルのスケッチブック』に出演し、新曲の『昼よりは夜』や、過去の楽曲である『UP & DOWN』、『Ah Yeah』、『HOT...