イム・シワン、入隊を控えているためカンヌ国際映画祭に参加できるか注目を集める

韓国アイドル出身初のカンヌ国際映画祭に招待される

イム・シワンは5月に開かれる第70回カンヌ国際映画祭に主演映画『不汗党:悪者の世界』で招待され、レットカーペットを踏むことになりました。韓国アイドル出身者としては初のレッドカーペットということで注目を集めています。

カンヌ国際映画祭に行くまでの難関

しかしイム・シワンは1988年生まれで今年軍入隊を控えているという関係上、カンヌ国際映画祭に出席するためには韓国で国外旅行許可を得なければならないという事情があり、カンヌ国際映画祭に出席できるかが話題になっています。


現在ドラマ『王は愛する』の収録も行っており、ドラマ側の許可も必要ではないかと言われています。イム・シワンに6月入隊説がある中、所属事務所は『まだ入隊の通知は来ていない』『カンヌ関連についてはまだ答えられない』と話しています。

韓国のネット上での意見

Naverより(+が共感、-が非共感)

・芸能人でも一般人でも韓国男子の障壁って軍隊だもんなぁ[+1672 -77]

・法律は万人に平等だからね[+1370 -53]

・カンヌに行かないで、ドラマ撮影を終わらせてそのまま軍隊行ったらいいよ[+568 -125]

・理由が理由だけに許可は普通に下りると思う[+212 -26]

・これを書いた記者が無駄な心配してるだけだろ[+162 -19]

・チャン・グンソクだって前に日本でファンミーティングしてたでしょ。カンヌに行けるって[+111 -10]

・国外旅行許可って簡単に下りるよ。申請に1分もかからないし許可下りたらカカオトークで通知来るし[+63 -4]

・シワン側で何とかするでしょ[+70 -10]

・俳優の人生に関わるんだから当然カンヌには行かなきゃだろ。事務所ちゃんと仕事してね[+69 -11]