MOMOLAND、既に脱落させたJYP出身のデイジーが加入

2017年3月、MOMOLANDがデイジーを加入させることを発表しました。デイジーはMOMOLANDのデビュー番組で既に脱落しているメンバーのため、脱落メンバーの加入に注目が集まりました。所属事務所によると、デイジーは脱落後にトレーニングを通して実力を身につけたため加入に至ったと明かしています。

MOMOLAND

MOMOLANDはプロデューサーの二段横蹴り(イダンヨプチャギ/이단옆차기)プロデュースのガールズグループとして2016年に放送されたMnetのサバイバル番組『MOMOLANDを探して』を通して企画されました。番組ではグループが最終ステージにファンを3000人集めないとデビューができないという最終課題に対し、3000人集めることができず失敗のまま番組が終了しましたが、その後クラウドファンディングを通して7人のメンバー(ヘビン、ジュイ、ナンシー、アイン、ヨヌ、ナユン、ジェイン)で11月10日にデビューをしました。

デイジー

今回加入したデイジーは一度は番組で脱落したものの、ラップとダンスの実力に高い評価を得ています。そのため現在MOMOLANDではリードラッパーとメインダンサーを務めています。サバイバル番組の際も創作ダンスを披露し好評を受けています。

またデイジーは以前JYPエンターテインメントで練習生として過ごしていた時期があり、TWICEのモモと親交が知られています。

・デイジーを応援するTWICEのモモ

ちなみにデイジーは韓国生まれですが、幼少期はカナダのバンクーバーでおよそ11年間育っているため、英語と韓国語が堪能です。

デイジーの評価

このように高いラップやダンスの実力に加え、語学能力にも長けているデイジーですが、一度サバイバルで脱落したデイジーがメンバーに加わるという事に対して、韓国のネット上では当初否定的な意見も多く見られました。

しかし結果的に今回のデイジーはグループのラップやダンスの実力を上げ、ビジュアルメンバーとしても評価が高く、センターに来ることも多く、グループでは欠かせないメンバーとなりました。

現在のMOMOLAND

またデイジーとほぼ同時期にサバイバル番組『PRODUCE 101』にも出演していたテハの加入も発表されており、7人でデビューをしたMOMOLANDは2017年4月から9人メンバーで編成されました。

デビュー直後はあまりヒットに恵まれなかったものの、2018年1月にリリースされた『BBoom BBoom』で1位を獲得し、個人での活動も増えています。元々特徴的なダンスやノリの良い曲調に定評があったMOMOLANDですが、このヒットをきっかけに大きく注目を集めており、今後の活動が期待されるグループです。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント