ジェシカ、インタビューに答える「私がもしまだ少女時代だったら…」

ジェシカが台湾のファッション誌『Marie Claire』のインタビューで少女時代を脱退したことについて答えました。

@kpopdataがシェアした投稿 -

少女時代当時の生活

「デビューの時からいつも大変なスケジュールをこなしたり、経験した時、私は歯を食いしばって笑顔でダンスの練習をしました。私の大部分を他の人に伝えることができなかったため、ネガティブな部分を消していました。他人には最大限強くて明るい姿だけ見せてあげたかったです。」

少女時代を去った後

「少女時代を去った後、私は今までよりも自由が増えました。すぐに30歳になります。他人のために生きる人生ではなく、私の夢のために生きたいと思いました。もし私がまだ少女時代のメンバーだったら、このような様々なことを経験しなかったと思います。」

脱退後のジェシカの活動

ジェシカは2014年に少女時代を突如脱退し、その後サングラスをメインとしてブランドを立ち上げています。

最近では歌手活動も同時に展開しており、ソロアルバム『With Love、J』、『Wonderland』をリリースしています。韓国でのトークや音楽番組への復帰が期待されていましたが、突如中止になり、現在のところ韓国の番組へはほとんど出演しない状態となっています。

ジェシカ、ラジオ番組出演が突如キャンセルに←なんだか闇深いと話題に
ジェシカが突如出演キャンセルに 23日、SBSパワーFM『イ・グクジュのヤングストリート』にジェシカが出演予定でしたが突如キャンセルと...