少女時代ソヒョンがデビュー10周年で残念に思うこと

16日、ソウルで少女時代のソヒョンのソロデビューアルバムの発売イベントが行われました。

デビュー10周年で残念に思うこと

少女時代デビュー10周年になることについて、ソヒョンは「少女時代として10年間活動してきたけれど、残念に思う部分があります。少女時代はメンバーも多く、コンセプトがきっちり決まっているため、コンセプトに合わせなければいけなく、歌詞の解釈をもう少し伝えたいと思うこともありました。それが個人的に残念だと思います。」と明かしており、ソヒョンは今回のアルバムではタイトル曲以外の6曲の作詞に参加しています。

・Don't Say No


SS 1
SS 2
SS 3
SS 4
SS
▲動画キャプチャー


少女時代ソヒョン、ソロデビュー。グループよりも個人活動に重点的に力を入れる理由
ソヒョン、ソロデビュー 少女時代のソヒョンのソロデビューアルバム『Don't Say No』のティザーが公開されました。17日にリリースされ...
音楽評論家「少女時代とTWICEはメロディーやスタイルがその時代のトレンドの一歩先を行っている。」
1週間で昨年の少女時代のフルアルバムの販売量超え TWICEが尋常じゃないくらい勢いが凄いと報道されています。昨年10月にデビューして...
少女時代ソヒョン「デビュー9周年の秘訣はメンバーと家族のように過ごすこと」
少女時代のソヒョンが@STAR1でグラビアを披露し、インタビューにも答えています。 元々ピアニストやバレリーナを夢見ていた 「(タ...