デビュー7年目だけど、様々な事情で再契約問題をクリア済みのK-POPグループ

韓国の芸能事務所の契約期間が一般的に7年のため、2010年デビューのアイドルが今年契約満了を迎えます。

2017年に契約満了を迎える主なK-POPグループ
解散でなくても、メンバーの所属事務所が異なると活動しにくい状態に 2016年は解散を迎えるK-POPアイドルが相次ぎました。これはK-POP...
しかし既に再契約や契約延長などを済ませているグループもいます。

CNBLUE:2014年に契約済み

5年目にあたる2014年に所属事務所のFNCエンターテインメントと再契約を結んでいます。2016年はミニアルバム『BLUEMING』をリリースし、各メンバーも個人で演技活動などを行なっています。

GIRL'S DAY:2019年まで契約延長

GIRL'S DAYは2015年に既に所属事務所のDreamTエンターテインメントと2019年まで契約を延長しているようです。2015年はDreamTが上場し、Aileeなどが所属するYMCエンターテイメントの経営権を買収するなど事業を拡大しています。そのためその際に契約内容を見直した可能性が高いです。

Girl’s Day所属事務所DreamT、Ailee所属事務所YMCの経営権を買収
Girl's Day所属事務所がYMCエンターテイメントの経営権を買収 Girl's Dayなどが所属する芸能事務所ドリームティーエンターテイメントが...
Girl’s Dayの弟分M.A.P.6がデビューへ←事務所は移転し事業拡大へ
M.A.P.6がデビュー Girl's Dayが所属するDream Tエンターテインメントから男性アイドルグループ『M.A.P.6』がデビューすることが発表さ...

GIRL'S DAYは2015年を最後にしばらく活動をしていない状態で、何度もカムバックについて言及をしていますが、現在までに個人活動がメインとなっています。カムバックは2017年上半期と見られています。

NINE MUSES:毎年脱退加入を繰り返すグループのため

グループ自体は2010年にデビューをしているため、2017年が再契約の年に当たりますが、メンバーの入れ替わりが激しく、毎年のように脱退加入を繰り返しているため、アイドルの7年契約問題とは無縁に近いグループです。元々モデルアイドルをコンセプトに9人組でデビューをしていますが、下記のように状態となっています。

2010年:ジェギョン脱退&ヒョナ加入
2011年:ラナ、ビナ脱退
2012年:ギョンリ加入
2013年:ソンア加入
2014年:イセム、ウンジ、セラ脱退
2015年:ソジン、クムジョ加入
2016年:イユエリン、ミナ、ヒョナ脱退

そのため初期メンバー、固定のメンバーで活動を続けている他のグループに比べて、NINE MUSESにとって再契約はあまり関係ないだろうと見られています。しかしそもそもメンバーが安定しないということは再契約以前に問題でもあり、メンバーが安定しないため、ネット上では『イマイチ売れないグループ』として必ずNINE MUSESの名前が挙がる状態です。そのため今後どのように再起をするかがポイントとなります。

Nine Musesギョンリ「メンバーの脱退加入が多く、変な噂が流され鬱だった」と告白
ギョンリ「鬱だった」と告白 Nine Musesのギョンリ(キョンリ)が9日に放送されたtvN『現場トークショータクシー』に出演し、メンバー再...