韓国の行ったらヤバい有名な3つの場所

韓国で訪れたらヤバい場所として有名な3つの廃墟があります。(現在では整備され利用できる場所もあります。)

コンジアム精神病院(곤지암 정신병원)

『80年代に院長が自殺した』『土地の所有者が失踪した』…など様々な噂がある現在は廃墟となった病院です。

Ginna Lambertさん(@_vafromva)が投稿した写真

以前CNNが選定した『世界の最も身の毛のよだつ7つの場所』の1つに選ばれたこともあり、心霊スポットとして有名です。この場所に勝手に侵入し肝試しをする人が多く、周囲の住民の苦情から現在では立ち入りも厳しくなっています。もちろん無断で入ったら不法侵入に問われます。

・現在では『私有地』を強調する看板もあり、立ち入りは厳しくなっているものの、この場所で肝試しをするネットユーザーも多めです(中には海外の人も)

ヨンドク廃屋(영덕 흉가)

慶尚北道のヨンドク(盈徳)郡に位置する廃屋。1950年代の朝鮮戦争当時、戦争で亡くなった若者数百人の遺体をこの地に一時的に埋葬し、その後80年代にこの場所にレストランができたと言われています。そのためこの建物を建てる際、多くの遺骨が出てきたようです。またこのレストランの持ち主が自殺したという話も。

旧ヌルボムガーデン(늘봄가든)

忠清北道チェチョン(堤川)市に位置していた廃墟。『元々有名なレストランで、オーナーと彼の妻、その間の植物人間の娘の3人が一緒に住んでいたものの、娘が亡くなり、従業員も交通事故で即死してしまい、オーナーがガス自殺をした』という噂が主流です。この場所で『黒い影を見た』、『奇妙な音を聞いた』などと話す人も多く、心霊スポットとして上記の2つの場所と合わせて『韓国の3大廃墟』として有名でした。

しかし現在ではオシャレなカフェに変わったものの、店の裏側などでは現在でもオバケが出るようで、オバケをお店のコンセプトに活かしている部分もあるようです。


閲覧注意・MVの幽霊騒動のイ・スンファン、実は共同墓地から謎の電話がかかっていた
MVの幽霊騒動後、不思議な電話がかかる 9日に放送されたMBC『無限挑戦』でユ・ジェソクが以前大きく話題になった歌手のイ・スンファン...

閲覧注意・日本と韓国のホラー映画の違い
五感を刺激する日本のホラー映画ベスト5 夏といえばホラーの季節ですが、様々な映画を紹介する韓国の映画専門YouTubeチャンネル『Goqua...

【閲覧注意】韓国の生放送のラジオから聞こえた不思議な女性の声を調べた結果
ラジオの生放送番組で聞こえた不思議な声の検証結果 先日ラジオの生放送番組MBC FM4U『2時のデートパク·キョンリムです』で俳優のパク...