2016年のK-POPガールズグループ勢力地図と傾向

2016年のガールズグループ勢力地図

韓国の各コミュニティーに、K-POPでは恒例となっているガールズグループの勢力を地図化したものが掲載され、話題となっています。これはあくまでネットユーザーが個人的な主観で地図化しているため、パワーバランスが指摘されている他に、人気のあるはずのf(x)やEXIDが描かれていないなど賛否はあるようです。
map

旧大陸と新大陸

賛否が少なそうな部分では『新大陸』『旧大陸』と分かれているように、現在のK-POP界のガールズグループは2015年前後のデビューの新しいグループと、それ以前にデビューしているグループの主に2つのタイプに分かれます。2015年、そして2016年は特に新しいグループの勢いが強く、上記の地図でも分かるように旧大陸が比較的小さく描かれています。

■活動停止状態のグループが多めの従来のグループ

例えばこれまでガールズグループのトップと言われていたで少女時代、そして評価の高かったGIRL’S DAYも2016年は新曲のリリースをしていません。(少女時代はSM STATIONでのリリースのみ)また2NE1や4Minuteなどは解散をしており、他のグループも脱退、契約終了で活動停止状態に追い込まれるなど、2016年は『新大陸』の勢いが大きく目立ちました。

新グループのパワーバランス

新大陸のパワーバランスをざっくり分けると下記のようになります。

1.グループ同士上手く差別化ができている上位層

TWICE、GFRIEND、RED VELVET、I.O.I、BLACK PINK

中でもTWICEは数字で見ると2016年だけでなく、歴代のガールズグループで比較をしてもズバ抜けた成績となっています。

TWICE、アルバム販売から1ヶ月余りでガールズグループ歴代最多アルバム販売記録に
TWICEのアルバム販売量が集計以来歴代ガールズグループ1位に TWICEが10月24日にリリースした3rdミニアルバム『TWICEcoaster:LANE1』が...

また他のグループも良い成績を残しており、この層のグループに言えることはそれぞれのグループのコンセプトが差別化されているということです。そのため商業的には市場でライバル同士でもあるものの、大きく差別化されているため、TWICEとGFRIENDのようにコラボステージを披露してもギスギスした感じにならないという特徴があります。むしろ新人グループ同士互いに盛り上げている一面もあります。
TWICEがカバーしたGFRIEND、再生回数90万を超え歴代1位に
TWICEがカバーしたGFRIENDの動画が大反響 16日に放送された『ショー!音楽中心』でTWICEがカバーをしたGFRIENDの『今日から私たちは』...

GFRIENDとTWICEがコラボ、少女時代の『Gee』を披露
13日に放送された音楽番組SBS『人気歌謡』にてGFRIENDとTWICEがコラボをし、スペシャルステージとして少女時代の『GEE』を披露しました...

2.潜在能力が高い中間層

LOVELYZ、OH MY GIRL、MAMAMOO

上位グループほど大きな勢いはないものの、差別化ができており、人気グループです。脱退やスキャンダルなどでペースを崩さなければ十分上位層に行ける可能性もあります。

3.デビューしたばかりor運営の荒い部分も多い下位層

APRIL、CLC、gugudan、DIA、宇宙少女、LABOUM

上位のグループに比べて知名度も低く、世間に上手くコンセプトも伝えきれていないとも言えるグループです。デビューしてまだ評価されるほどの活動回数を重ねていないという部分もありますが、APRILやCLC、DIAのようにメンバーの脱退、加入、活動休止なども多く、運営の荒い部分が目立つ層でもあります。


2016年のK-POPガールズグループの序列は?
ガールズグループの序列は1年間の通信簿 ガールズグループの序列は2012年5月にスポーツ朝鮮が記事にしたのをきっかけに、毎年2月頃に専...

来年のガールズグループの序列や勢力図はどう変わりそう?
上半期を終えて今年のガールズグループの評価は? 毎回新たなコンセプトでリリースすることの多いK-POPのガールズグループは毎年その実...

K-POPアイドル世代別特徴まとめ
最近アイドルの世代交代が頻繁に話題になっているため、主なアイドルを世代別にまとめました。毎年様々なアイドルがデビューしているた...