SM「K-POPで全く新しいAIエンターテインメント業界を作りたい。」

SMがAI開発に乗り出すことを発表

BoAや東方神起、少女時代、SUPER JUNIORなどが所属するSMエンターテインメントが人工知能『Aibril』を用いた『SM Aibril』の開発に乗り出すことを発表しました。SM側は「K-POPなどの韓流コンテンツを用いて、全く新しい人工知能エンターテインメント業界を作りたい。」と言及しています。

Aibril

今回明かされた『Aibril』は日本でも最近話題のAPI『IBM Watson』をベースに作られたものです。

今後ディープラーニングを通して成長する予定で、現在のところ具体的なサービス内容は明かされていませんが、生活密着型のサービスで、来年はじめに本格的な商用化のため現在開発中のようです。

仁川空港、LGのロボット導入で空港が大きく変わるかも?
仁川空港にロボット導入 仁川国際空港に早ければ年末にLG電子のロボットが導入されることが発表されました。これは空港のスマート化の...