少女時代ソヒョン「デビュー9周年の秘訣はメンバーと家族のように過ごすこと」

少女時代のソヒョンが@STAR1でグラビアを披露し、インタビューにも答えています。

元々ピアニストやバレリーナを夢見ていた

「(ターニングポイントは?という質問に)SMエンターテイメントに入ってきたこと自体がターニングポイントでした。当時私は従兄弟とアメリカ留学準備中でした。小学校5年生の時にスカウトされ、いとこはアメリカに行って、私は練習生生活を始めました。元々はピアニストやバレリーナを夢見ていました。

練習生時代から15年、デビューを後悔したことは?

「そのようなことはないですが、長所と短所はあります。練習生の時からずっとこのような活動をしているので、家族や友人と過ごす時間が少ないのは少し残念です。」

デビュー9周年ファンソングをスヨンが作曲したことについて

少女時代9周年を迎え、8月にSM STATIONにてファンソング『あの夏(0805)』をリリースしました。この曲はスヨンが作詞をしていることでも話題になりました。

「私達が表現したい感情とピッタリ合っていました。複数の曲があった中から1つの曲に選択するのも私達が直接しました。スヨン姉さんが歌詞も直接書きました。実は私も歌詞をしていますが、コンペでわずかの差で落ちてしまい、姉さんの結果に納得しています(笑)」

9周年の秘訣はメンバーと家族のように過ごすこと

「メンバーとは仕事ではなく、家族のように過ごすことです。今後もこのような関係が続いたら良いと思います。女性グループが長く続くのは簡単ではないですが、私達も今までやってきたことをお互いに感謝しています。大変な時期を一緒に乗り越えたからです。『20年後には子供を連れて集まりたいね』という話もしています。」

グラビア&撮影風景


ss-7
ss-8
ss-9
ss-11
▲動画キャプチャー

そんな少女時代は様々なアイドルグループが一般的な専属契約期間である7年を前に解散をしてしまう中、今年8月にデビュー9周年を迎えました。スヨン作詞のファンソングをリリースし、各メンバーがInstagramでポートレートなどを公開しました。

・ソヒョン(ポートレート動画)

・ティファニー

韓国のネット上での意見

Naverより(+が共感、-が非共感)

・ターニングポイントレベルじゃない…生涯の運を全部使い果たしたくらい[+2859 -226]

・少女時代としてデビューしたのは神の救いレベル[+2104 -122]

・SMに入社しただけでなく、少女時代としてデビューして頂点を取ったのは最高だよね[+1339 -57]

・考えてみると10年目なのにRED VELVETのアイリンと同じ年で26歳なんだね。[+332 -33]

・↑他の少女時代メンバーはもうすぐ29歳だし、彼女だけ若いよ

・芸能人じゃなくても何かしらで成功してそう。SMが地下鉄でスカウトして、それが少女時代になるのはすごいよね[+233 -33]


少女時代の掛け声って?
少女時代が久しぶりに集合写真 少女時代のティファニーがInstagramに大阪でSMTOWNコンサートを終えたメンバーの集合写真を掲載しました...

少女時代ソヒョン、年内中にソロデビューと報道
ソヒョンがソロアルバムを年内中にリリースと報道 少女時代のソヒョンが11月を目標にソロアルバムをリリースすると報道されています。...

ジェシカ「一部の少女時代メンバーとはたまに連絡します。」
一部のメンバーとはたまに連絡 先日ソロデビューをしたジェシカがインタビューにて少女時代メンバーとの仲について「一部のメンバーと...

タグ: