GOT7、防弾少年団、VIXXに見る、ティザーとトレーラーの違い

コンセプトの明確化する手段

最近のK-POP界ではボーイズグループを中心に新曲発表前のトレーラー動画、そしてアルバムのシリーズ化がトレンドとなっています。

■ティザーとトレーラーの違い

ティザー動画は基本的には広告色が強く、MVの一部のシーンをカットしたものなどが多いです。一方トレーラーは広告というよりも、コンセプトそのものを引き継ぐストーリーとなっており、時にはショートフィルム、コンセプト動画などとして発表されることもあります。

・ティザー←広告(MVの凝縮版)

・トレーラー/ショートフィルム←コンセプトの延長編

このようなショートフィルムやトレーラー、さらにアルバム自体をシリーズ化することでストーリーやコンセプトを明確にファンに伝えることができるというメリットがあります。

GOT7

3月に発表した『FLIGHT LOG:DEPARTURE』と今回リリースした『FLIGHT LOG:TURBULENCE』は一貫したシリーズです。

そして両作品ともにトレーラーがあり、それぞれのタイトル曲のMVとは異なる内容を表現しています。

・FLIGHT LOG:DEPARTURE(意味:出発)

・FLIGHT LOG : TURBULENCE(意味:乱気流)

VIXX

VIXXは今年3月に1年間の長期プロジェクトを表す『VIXX 2016 CONCEPTION Art Film』を発表しました。

神話をテーマにしており、1作目は『嫉妬の神Zelos』、2作目『死の神Hades』をリリースし、最後は権力を意味する『Kratos』をリリースする予定です。

防弾少年団

防弾少年団は昨年も青春シリーズで『花様年華』をリリースしていましたが、今回10月10日にリリースするアルバム『WINGS』では誘惑と青春の成長と葛藤をコンセプトに、各メンバーがショートフィルムを公開しています。

防弾少年団、2ndフルアルバム『WINGS』ショートフィルムまとめ
防弾少年団が2ndフルアルバム『WINGS』のショートフィルムを次々に公開しました。具体的なリリースの日は発表されていませんが、年内中...

さらにトレーラー『Boy Meets Evil』を公開しました。

4 件のコメント

  • 既存ファンを囲い込むには良い戦略だと思うけど、新規や一般は気軽に入りこめない雰囲気になる。良く向こうの人が言う自分たちだけのリーグみたいな。

  • 最近はいろんなタイプのティザーやトレーラーがあるね。いつもワクワクしながら見ている!

  • ペンだからてのもあるけど、バンタンのはストーリーと謎が壮大だし凝ってるて思う。曲小出しにしてるのもいい。
    あとモンエクのclanシリーズもそうだよね。あの神秘的な耽美的な感じ好きー!ただ曲は去年のが好きだった笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。