韓国の学生が思う『なぜ勉強するのか分からない教科』

韓国のコミュニティで『なぜ勉強するのか分からない教科がある?』というテーマで話題となっています。学生なら誰でも考えることかもしれませんが、単純に机に座って暗記するよりも、実用的な授業を受けたいという意見が多いようです。

ネット上での意見

NATE PANNより

・数学。必要だとは思うけど日常生活ではほとんど使わないから。

・そんなこと言わずに学校で学べることは学んでおけよ。

・実際に喋れてるから国語は勉強しなくてもいい。

・道徳。教科書通りに道徳的に暮らしてる人なんていない。

・音楽、体育、美術は筆記試験が無ければいいのに。

・倫理と思想。思想家がどんな理論を考えているのかひとつも気にならない。

・英語は嫌いだけど必須だから仕方なくやっている。

・体育。運動神経が悪い人にとっては苦痛でしかない。

・家庭科はもうちょっと現実的なことを教えてくれればいいと思う。

・なんで勉強しなければいけないかというより本当に勉強しなければならない教科が無くてもったいない。

・国語を勉強しなければならないのは分かるけど、文学のテストで答えが1つしか無いのが気に入らない。

・家庭科で料理を教えてくれればいいのに。

・化学、なんで目に見えないものまで勉強しなければならないんだ。

・道徳を勉強して優しい人になれと学んだところでだからどうしろってよ。

・韓国で英語を勉強しても、ネイティブと話しても実際通じないし何の意味もない。

・勉強したい人なんていないだろうけど、確実に言えるのは勉強しなければ自分が損するということ。

・英語で本文と単語を暗記だけさせるって、何の意味があるの?

・他の教科はまだしも英語の授業の方式は変えなきゃいけないと思う。

・その時は必要無いと思うかもしれないけど、10年、20年経つと必要無いものなんて1つも無いんだと思う。

・必要無い教科は無いけど、教育方式自体は変える必要がある。

・漢文。画数をひとつひとつ覚えなければならないのがイライラする。

・数学だけで論理的思考は身に付かない。

・この世界に数学が無かったら電気製品の発明は無かっただろうね。

問題視されている韓国の教育方式

教育熱が高い韓国では学校での勉強の他に学院(日本でいう塾)に通って勉強している学生も少なく、1日に15時間勉強することもあるようです。将来必要としない知識、存在しない職業のために時間を浪費してひたすら『詰め込み教育』をさせる教育方式に疑問の声が上がっています。


そのような『詰め込み教育』は豊かな多様な創造力が身に付かず、今までの『名門に行けば大企業に就職できる』という考えも、最近になって変わってきており、実際に名門大学に行かなくても幸せだという人や、特に勉強をしなくても人生で大きな影響は無いという人も増えているようです。

韓国の高校の数学の授業で一番イラついた部分
高校の数学の授業で一番イラついた部分は? 『高校の数学の授業で、一番イラついた部分は三角関数』というテーマが韓国のコミュニティ...
タグ: