宇宙少女、12星座と13星座の違いは?

ヨンジョンが宇宙少女のメンバーになることについてメンバーの心境は?

12日に放送されたMBCラジオ番組に宇宙少女が出演し、先日発表があったI.O.Iのヨンジョンがメンバーになることについて、「メンバー達はある程度加入を予感していました。練習生時代からお互いに応援して親しいので嬉しかったです。」と心境を明かしました。

I.O.Iヨンジョンが宇宙少女のメンバーに加入決定
ヨンジョンが宇宙少女に 11日、宇宙少女の所属事務所STARSHIPエンターテインメントが、I.O.Iのヨンジョンが宇宙少女に合流することを発...

ティザーでは12星座から13星座へ

宇宙少女は12星座の少女が集まったという設定で、実際にメンバー12人星座が異なっています。今回公開されたティザーでは従来の12星座に、新たに『へびつかい座』が加わっています。

・十二宮(12星座)
スクリーンショット 1

・へびつかい座
スクリーンショット

画像:動画キャプチャー

12星座と13星座

この12星座は黄道(太陽の軌道)に接する星座を12等分したもので、天文学上ではへびつかい座を含めた13星座が実際に黄道に接する星座です。
Ophiuchus
▲へびつかい座

12星座(十二宮)は黄道の領域を均等に12等分しているのに対し、13星座は実際の領域を基にしているため、振り分けられた星座の期間は大きく異なります。

13星座が広まったきっかけ

ちなみにこの13星座が広まった経緯は1990年代に天文学者Jaqueline Mittonが「2000年の間伝統的に黄道上に位置する星座は12個だが、現代の天文学では黄道上に13個の星座が確認できるため、占星術にも用いるべき」と指摘したことが由来で拡散した割と新しい考え方です。

4 件のコメント

  • 全員星座が違うっていう設定はなかなか苦しい感じするけど、デーモン閣下やGacktみたいな感覚でゆるーく見ていこー♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。