クッションファンデもDIYの時代へ『マイクッションATM』が話題に

マイクッションATM

4月からカロスキルの中心部に緑色が特徴的な壁が出現し話題になりました。これはコスメブランド『innisfree』の新サービス『マイクッションATM』で、自分だけのオリジナルのクッションファンデーションが作れるというサービスです。

・動画だと分かりやすいです。

自分だけのクッションファンデが作れる

韓国ではここ数年ほとんどの人がクッションファンデーションを使っていますが、どうしてもデザインが人と被ってしまいます。しかしこのinnisfreeのマイクッションなら誰とも被らず、自分の肌に合ったクッションファンデーションが簡単に作れます。

オーダー方法は簡単

まずは12種類ある中身のファンデーションを選びます。次に2種類のパフを選び、最後に100種類あるケースのデザインを選びます。

KIM YOON MIさん(@ym_studio)が投稿した写真

お値段も22000ウォンとお手頃なので、旅の思い出に購入するのもオススメです。カロスキル店だけでなく、ほとんどの店舗で対応可能で、またホームページからの購入可能です。

タグ: ,