K-POPアイドルの契約や給料のシステムなどなど…

最近脱退や解散が多い理由

先日4Minuteのヒョナ以外のメンバーが契約満了を迎えると報道があり、最近ではNINE MUSESのイユエリンとミナが契約満了で脱退、miss Aのジアも脱退…と最近では特に解散や脱退が目立ちます。

理由としては、K-POPの一般的な契約が7年であり、7年前の2009年にデビューをしたグループが非常に多いため、必然的に今年契約満了を迎えるグループが多くなります。

・2009年デビューの主なグループ
RAINBOW、SECRET、MBLAQ、BEAST、f(x)、T-ARA、2NE1、4Minute…

SECRET、BEAST、4Minute…再契約が迫る注目の2009年デビューのグループ
再契約が迫る2009年デビューのグループ 2009年にデビューをしたK-POPグループが現在標準契約の7年契約期限を控えており、注目を集めて...

アイドルの給料は月給ではなく『山分け』

もちろん再契約も可能ですが、韓国のアイドルの給料はレベニューシェア(ざっくり言うと稼いだら山分け。稼げなかったら給料なし)に近く、アイドル自身が上手く活動できないと給料がほとんど支払われないため、7年間の活動を振り返り、「このまま活動していても生活ができなくなってしまう」と判断し新たな道での活動を余儀なくされるようです。

月給制ではなく、稼いだ分が一気に清算される韓国のアイドルの給料システム
AOAが給料の支払いを受ける 2012年にデビューをしたAOAが2016年2月に給料の支払いを受けたと報道されました。これは黒字に転換したこと...

また運営費もかさむため、運営側が脱退を促す場合もあります。一般に2〜3年目で売れないと厳しく、コンセプトを変えたり、メンバー編成を変えることも多いです。

K-POPアイドルの一般的な平均寿命は5〜6年。デビュー2〜3年目が勝負。
アイドル運営には相当お金がかかる 現在K-POP界では様々なアイドルグループがデビューしていますが、アイドルを運営するコストは莫大な...

レベニューシェアのメリットは初期投資が少なくなること

このような給料体系のメリットとしては、運営側はアイドルに月給で支払わなくても良いため、運営側にとって初期投資が少なくなるということがメリットです。そのためアイドルの活動に資金をつぎ込めます。

黒字になったらようやくアイドルへ給料の支払い(いわゆる『清算』)をしますが、韓国のアイドルは寮生活で食事も提供してもらえるため生活費はかからないことになっています。しかしお小遣い程度はもらえているという話もあり、事務所によっても異なるようです。

最近ではクラウドファンディングによる資金集めも

日本のアイドルは同じCDを何枚も買うとそれに見合った特典がもらえるという仕組みが多いですが、韓国のアイドルではクラウドファンディングによる資金集めも多くなってきました。

■クラウドファンディング

クラウドファンディングは支援者を集め、支援者が提供した金額によって与えられる特典が違うというシステムです。一般的にクラウドファンディングは事業の立ち上げや、クリエーターの資金集めなどで行われる場合が多いです。

■目標額の4倍を集めたケースも

日本でもクラウドファンディングで資金集めをする地下アイドルも最近になって多くなってきましたが、韓国では既にデビューをしたアイドルも始めており、最近ではJYJのジュンス、Stellar、Berry Good,などもアルバムの製作のための資金を募り、STTELLARは目標金額の4倍以上の金額を集め話題となりました。

4 件のコメント

  • シクリ解散したらハナはどうするんだろ・・・レインボーもジスクとジェギョンしか芸能界ではダメそう・・・

  • RainbowはKARAの解散?活動休止?が決まってすぐカムバしたけど、これからもコンスタントに活動させてくれるかは正直わからないから解散しそう…
    Secretはハナとソナが契約更新しなさそう…

  • 黒字のグループでもベテランになるとカムバは年1回あればいい方で、個活は格差が激しいし、特にGGはBGと違って海外活動による定期収入もそう望めないから、収入や将来の事を考えたら脱退や解散の道を選択するのも仕方ないかなと最近思う。
    今のところ7年以上存続してるグループの殆どがSM・YG・JYP(もしくはその派生)所属ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。