ジェシカ、少女時代を脱退した理由、同時期にリリースしたティファニーについて語る

5月17日にソロデビューアルバム『FLY』をリリースしたジェシカがメディアとのインタビューに様々なことを答えています。


少女時代を脱退した理由は?

少女時代を出るのが怖かったです。でも人生はページをめくる本のようなもので、ページをめくるタイミングが来たようです。私の妹はまだSM所属で、会社と相談した結果、出るのがお互いに良い方​​向だと思いました。私が通っていた外国人学校は12年生までだったので、まるで長く通っていた学校を卒業した感じでした。

独り立ちしたメリット

知らなかったことをたくさん知って、新しい世界と向き合った感じです。グループはチームを輝かするために節制と調和が必要で、各自の個性を目立ち過ぎないようにしますが、1人だと私の色をはっきりと示すことができ、自由に作業ができるようになりました。

ティファニーとリリース時期が重なることについて

ティファニーのアルバムは収録曲も聴いて、MVも見ました。素敵だと思います。ティファニーというとラブリーなイメージがあるので、新しい試みでした。素敵に活動して欲しいです。

恋人タイラー・クォンについて

また別のメディアにて、ジェシカの現在の所属事務所のマネージメントを行っているタイラー・クォンについて、これまで正式に言及することはありませんでしたが、恋人であることを認めました。「スマートな姿がカッコイイ」と言及し、周りの友達を見て、結婚するのが羨ましくなったとも明かしています。

タグ: ,