低価格でフレッシュジュースが飲める『JUICY』が大学生の間で大人気の件

人気のJUICY

韓国では日本よりもフレッシュジュースがよく飲まれてるイメージがありますが、韓国の大学周辺に立地している『JUICY』が人気です。JUICYは2010年にコンデ(建大)に初オープンし、大学生の間で口コミで話題となり、以後順調に加盟店を増やしています。

・行列ができています。

쥬씨さん(@_juicyjuice)が投稿した写真 -

低価格で大容量のフレッシュジュース

フレッシュジュースは作るのにコストがかかります。JUICYは全メニューMサイズ2000ウォン以下、XLサイズ(1L)で4000ウォン以下で販売しています。この安さにXLサイズを注文する人も多いようです。

低価格の理由は直輸入と初期費用のコスパ

このようにJUICYが低価格・大容量・高品質のフレッシュジュースを販売できた理由は独自の物流システムを作り、果物を直輸入しているためだと明かされています。

쥬씨さん(@_juicyjuice)が投稿した写真 -

またJUICYは加盟店を増やし続けていながらも、小規模のテイクアウト専門店として運営しているため、初期投資費用がかかりにくく、今後もJUICYの人気は続くと指摘されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。