GFRIENDは元々7人組だった。デビュー直前に一方的に辞めたメンバーへ賠償請求

GFRIENDのデビューが確定していたものの、デビュー直前に失踪した候補生に対し、GFRIENDの所属事務所へ違約罰金1247万ウォンの損害賠償請求が認められました。

一方的に辞めた候補生

この候補生は所属事務所とトレーニング契約を結んでおり、2014年4月に所属事務所の代表に対し「家に帰って休みたい。辞めたい。」と一方的に告げた後から戻ってくることはなく、所属事務所が費やしたトレーニング費用や寄宿舎の宿泊費用、さらにGFRIENDのデビューが5ヶ月遅れてしまったことを理由に訴訟問題となっていました。

GFRIENDは元々7人組でデビュー予定だった

結果的に訴訟ではデビューが遅れてしまったことに対して、GFRIENDが元々7人組でのデビューを計画しており、この候補生以外にも別の候補生が脱退して、さらに1人を追加して現在の6人組になった過程があるため、デビューが延期したのはこの候補生だけの責任ではないという理由で所属事務所の主張は認められませんでした。

韓国のネット上での意見

Naverより(+が同意、-が否定)

・この候補生は相当後悔してるだろうね。

・なんだか誰の主張が正しいのか分からないような事件がまた芸能界で起こったのね。

・元々7人組で、出て行った2人のメンバーの補充メンバーがウナだよ。

タグ: