イ・ハイ「3年間の空白期は拷問ではなく、意味のある時間でした。」

今回フルアルバム『SEOULITE』(タイトル曲『MY STAR』)をリリースしたイ・ハイ。

2013年以来3年ぶりの活動となり、まだ16歳だったイ・ハイが今年で20歳になる年齢でカムバックをし、少女から大人という期間が空白になっていることに対して、インタビューを受けています。

(今回の収録曲『希望拷問』というタイトルにかけて)アルバムが出なかった3年間はYGの希望拷問ではなかってですか?

「ハハ、そんなことなかったです。YGは希望拷問のようなものはありません。ちゃんとしてる会社ですよ。3年間休んでましたが、意味のある時間でした。私が練習生期間なしでデビューしたので、歌手という職業に合わせるまでの時間が必要だったようです。」

3年間でかなり悩んだと告白

そんなイ・ハイは空白期に対して、想うところがあるのかイ・ハイの新曲『BREATHE』のMVメイキング映像では「新人なのに3年も空白期があって悩んでいました。忘れてしまわれるのかとかなり心配し、皆さんは10代の私が好きであって、でも私が20代になってしまい、私を好きでいてくれるかということをたくさん考えました。」と複雑だった心境を明かしています。

イ・ハイ「新人なのに3年も空白期があって悩んでいた」
MVメイキング映像 イ・ハイの新曲『BREATHE』のMVメイキング映像が公開されました。 ▲動画キャプチャー 3年ぶりのカム...

韓国のネット上での意見

Naverより(+が同意、-が否定)

・YGは空白期が長いのがう〜んって感じ[+1326 -46]

・イ・ハイは歌本当に良い![+566 -28]

・イ・ハイ、体力なさそうに見える。運動頑張って良い歌聴かせて欲しい。[+432 -25]

・今回のアルバムも良いね[+332 -19]

・ファンとしては正直心配。3年間の放置がどういう結果をもたらすか知ってるし。[+31 -2]

タグ: